【コロナ禍のオーストラリア留学】2022年アルバイト事情~最新版

アルバイトが充実!今が狙い目のオーストラリア留学

 

オーストラリア ワーホリ 学生ビザ アルバイト 2022

本日、2022年1月22日から留学生に人気の都市、ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズがあるクイーンズランド州が海外からの渡航者の受け入れを再開しました。

すでに昨年12月1日から受け入れを開始しているニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、南オーストラリア州を含め、オーストラリアは「留学生ウェルカム(大歓迎)!」ムード。

いよいよ国境再開のオーストラリアは、コロナ禍で行ける留学先として今が狙い目です/

特にアルバイトができる学生ビザまたはワーホリビザで渡航するのがおすすめ!
最新のアルバイト事情をまとめてみました。

留学 カフェ アルバイト ワーホリ 2022

  • コロナ禍でオーストラリアは人手不足!?バイト先が早く見つかる!

1年9ヶ月もの間、海外から渡航者の入国を規制していたため、外国人の働き手に頼っていたレストランやカフェは人手不足。でも、入国できるようになった今、オーストラリアでアルバイト先が見つかる可能性が高いそうです。

また、セカンドワーホリを目指している方に必要な「季節労働/ファームジョブ」も人手が足りていないとのこと。さっそく求人サイトにもストロベリーピッキングやジャガイモ農場でのお仕事が募集されていました。住み込みの季節労働は貯金ができるくらいまとまったお給料がいただけるので、ワーホリの方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  • 同じ雇用主のもとで長期間働ける!

ワーホリビザ保持者は2022年内、同じ雇用主のもとで6カ月以上労働することが許可されました。

以前は同一雇用主のもとで働けるのは6ヶ月未満でした。仕事に慣れてきたときにバイト先を去らなくてはならなかったのでもったいないと感じる方も多くいらっしゃったと思います。今年は同じ雇用主のもとで長く働けるようになるのは嬉しい改変ですね。

  • 学生ビザのアルバイト時間制限がなくなる?!

オーストラリアは学生ビザでもアルバイトが可能です。今までは2週間で40時間の労働時間制限がありましたが、これが撤廃され、職種に関係なく制限時間なしに働くことができます(4月に見直される予定)。

さらに、受講コース開始前でも労働を開始することが許可されたり(4月に見直される予定)と、働きやすくなっていますのでぜひ英語で働く体験をして英語力アップにもつなげてください。

※情報提供:オーストラリア語学学校impact English College


いかがでしたか?
このように、国境再開のオーストラリアには留学生がアルバイトにチャレンジできる環境がそろっていますので、勉学とアルバイトの両立を頑張りたいという方はぜひオーストラリアへのご留学をご検討ください。

ウインテックはみなさんの「海外でこれがやりたい」を叶える留学エージェントです。

オーストラリア留学がしてみたい!というリクエストがあったらお気軽に無料の資料請求・ご相談を。お問合せはこちらから!

▼ ▼ ▼

この記事に関連する国の留学情報はこちら

  • オーストラリア

    オーストラリア

この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでいます

\ あなただけのオリジナル留学がきっと見つかる /

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

まずはカウンセラーに相談しよう!

みなさん、留学カウンセリングってどんなことをすると思いますか?   留学が初めての方は、留学そのものやどのように留学先を決めればいいか分からない方も多いはずです。体調がおかしいと思ったら病院へ行くように、「留学ってどんなものがあるの?」「私に合った国ってどこ?」というみなさんの些細な疑問や不安をひとつひとつ解決するのが留学カウンセリングです。

留学相談はこちら

CONTACTお気軽にご相談ください

0120-036-177
( 営業時間/11:30-20:30 年中無休 )

トップに戻る