CANADA カナダ

CANADA

INFORMATIONカナダってどんな国?留学に向いている?

治安が良く、暮らしやすいカナダは、はじめての語学留学生に最適な国

旅行で訪れたことはなくても、留学といえばカナダを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。その理由はカナダという国の成り立ちに隠されています。
治安が良く、暮らしやすいカナダは留学先としても人気で世界中から多くの移民が集まってきます。

そんなカナダで暮らす人々にとって、英語が苦手な人とのコミュニケーションは日常茶飯事。
わたしたち留学生の英語を理解できるまで辛抱強く聞いてくれる姿勢こそが、カナダ留学が選ばれる最大の理由といえるでしょう。
さらに強いなまりがなく、聞き取りやすい英語を話すことから、はじめての語学留学に最適な国といっても過言ではありません。

カナダ Canada

国名 カナダ Canada
言語 英語、フランス語
通貨 カナダドル(C$)
首都 オタワ
面積 9,984,670㎢
人口 約3725万人
宗教 カトリック(43.2%)、プロテスタント(29.2%)、その他のキリスト教(4.3%)、その他の宗教(6.4%)
民族 白人(76.7%)、黒人(12%)、先住民(4.3%)、中南米系やアジア系などを含むその他(16.2%)

カナダ Canada

POPULAR CITIESどんな都市が留学先として人気なの?

バンクーバートロントで人気を二分するカナダ留学。日本から近く、気候の安定したバンクーバーはアジア系の移民が多く、はじめての留学に向いています。
一方トロントはヨーロッパ諸国からの留学生が多く、厳しい冬の寒さも待ち受けているため、より学習意欲の高い学生が好む傾向にあります。他にもイギリス植民地時代の雰囲気を色濃く残すビクトリアやスキーリゾートの最高峰ウィスラー、フランス語を話すモントリールなど・・・カナダの留学先はそれぞれ魅力的な個性を持ち合わせています。

| カナダの気候 -留学のベストシーズンはいつ?

カナダの気候は地域によって異なります。第一の都市、トロントは日本の札幌と緯度がほぼ同じなので、気候も似ています。夏は最高気温が25℃前後で、暖かい気候の6月下旬~9月上旬の約3ヶ月間はカナダの人々にとってはとても貴重で、みんな外に出て屋外イベントに参加したり、朝夕に散歩をしたり、レストラン・カフェのテラス席で食事を楽しむ姿がよくみられます。夏が終わると10月には寒い時期が始まり、雪が降る極寒の1月~2月がやってきます。平均の最低気温はマイナス8℃。時にはマイナス20℃まで観測する日も!防寒対策はしっかりしておきましょう。

カナダ西部に位置するバンクーバーでは、7~8月の最も暑い夏季でも最高気温22℃前後、春・秋は湿気も少なく過ごしやすい時期、冬でも氷点下になることはあまりなく、年間を通して過ごしやすい気候です。雪よりも雨が多いのが特徴です。

カナダでは、その気候の特性から建物をセントラルヒーティングで温めているので、ほどんどの家、学校、ショッピングモールなどの屋内はとても暖かく調整されています。冬の屋外ではダウンコートなどの防寒着は必須ですが、マイナス20℃対応で撥水(はっすい)加工のダウンコートさえ用意すれば、屋内は暖かいので中身は薄着でも大丈夫です。

カナダ留学のベストシーズンは4月~10月。外を歩くのが心地よい陽気ですし、野外でのイベントもたくさん開催されます。もちろん年間を通して留学は可能。冬の寒さが特に厳しい1月頃から3月にかけては、夏に比べて留学生の数が少ない傾向があります。教室内でも先生1人に対しての生徒の人数が少ないことがありますので勉強に集中できる環境です。ローシーズンを逆手にとって、しっかり勉強したい方は冬の季節に留学するのも◎。ワーキングホリデーの方は、冬に勉強、春~夏に外に出てアルバイトやラウンド(国内旅行)にチャレンジするとカナダをまるっと楽しめる1年間になるでしょう。

| カナダと日本の時差ってどのくらい?サマータイムって何?

カナダは、ロシアに次いで世界で2番目に広大な国土を持つ国。タイムゾーンは6つに分かれています。西のバンクーバーと東のセント・ジョンズでは4時間半の国内時差があります。

ニューファンドランド時間…セント・ジョンズ

→日本との時差12時間30分(日本より遅れている)

→サマータイム時:11時間30分

大西洋時間…ハリファックスなど  

→日本との時差13時間(日本より遅れている)  

→サマータイム時:12時間

東部時間…トロント、オタワ、モントリオールなど  

→日本との時差14時間(日本より遅れている)  

→サマータイム時:13時間

中部時間…ウィニペグなど  

→日本との時差15時間(日本より遅れている)  

→サマータイム時:14時間

山岳部時間…カルガリー、エドモントン、イエローナイフなど  

→日本との時差16時間(日本より遅れている)  

→サマータイム時:15時間

太平洋時間…バンクーバー、ビクトリア、ウィスラー、ホワイトホースなど  

→日本との時差17時間(日本より遅れている)  

→サマータイム時:16時間

 

【サマータイムについて】

サマータイムはカナダではDay Light Saving(デイライトセービング)とよばれ、春と秋に1時間ずつ時間をずらします。北米では、時計の針を「Spring Forward (春はすすめる)、 Fall Back (秋は戻す)」 と覚えている人が多いです。サマータイムは大半の州で実施されていますが、一部では実施されていない場所があるので留学先の州・都市がサマータイムを導入しているか確認しておきましょう。ちなみにサマータイム開始、終了のお知らせはニュースやウェブサイトでチェックできたり、ホストファミリーや留学先学校のスタッフや先生が教えてくれるので、時間をずらすことを忘れないようにしましょう。もちろん次の日の学校開始時間もずれていますので、留学生は遅刻などに気を付けましょう。

| カナダの食事ってどんな感じ?

カナダの名物はロブスターやサーモンなどの新鮮なシーフード、カナダが誇るブランド牛のアルバータビーフプーティンというグレイビーソースとチーズカード(※)がかかった伝統ポテト料理、カナダ発祥のドーナツチェーン店・ティムホートンのドーナツなどなど。さらにメープルシロップを使った料理はカナダならでは。デザートやパンケーキにかけたり、隠し味として料理に入れたりして名産のメープルシロップを楽しんでいます。街中では多国籍グルメが楽しめ、ラーメン店もたくさん軒を連ねています。※押し固める前の粒状のチェダーチーズのこと

 

ホームステイ先では一般的な家庭料理がでてきますが、朝はシリアル、オートミールまたはトーストにベーコンエッグ、昼はサンドウィッチやカップヌードル、夜はパスタ、ピザ、ハンバーガーまたはホットドッグなど。移民が多いカナダではホストファミリーがアジアの国出身ということもあります。そうした場合は夕食にお米が出てきたり、アジア系の馴染みのある味の食事が出てくることもあります。各家庭の食事は日本の食文化とは異なりますので「郷に入っては郷に従え」精神で、留学中はカナダの食文化を体験し、異文化理解を深めましょう。

| カナダのおすすめスポットは?

ブリティッシュコロンビア州バンクーバーの魅力といえば、自然と都会の融合。ハイエンドなショップが立ち並ぶ目抜き通りロブソンストリートに、水族館、ミニチュア鉄道、ローズガーデン、展望スポットなどを有する都会のオアシス・スタンレーパーク、「蒸気時計」が有名なガスタウン、新鮮な食材が並ぶグランビルアイランドの市場、フェリーで行くビクトリアのブッチャードガーデンなど留学中に訪れるべき場所がたくさんあります。

ニューヨークの街並みに似ているカナダ最大の都市、オンタリオ州トロント。海外の映画やドラマではマンハッタンのシーンとして使われることもあるとか。おすすめスポットは、美しいオンタリオ湖が見渡せるウォーターフロント、トロントのランドマーク・CNタワー、カナダで2番目に大きいショッピングセンター・トロント・イートン・センター名門トロント大学、おしゃれストリートで有名なクイーンストリートなど。バスや地下鉄が発達しているので車がなくても大丈夫!とても観光しやすい街です。留学中は放課後も充実しそうですね。

トロントに次いで第2の都市、ケベック州モントリオールは「北米のパリ」と呼ばれているとてもおしゃれな街。同州では公用語が英語とフランス語なので、街中ではフランス語もよく聞こえてきます。建物や街の雰囲気もどこかヨーロッパに似ている街です。おすすめスポットは、ネオゴシック様式の最高傑作と言われているノートルダム・ド・モントリオール大聖堂、夜のライトアップが幻想的です。また、アートの街としても有名なモントリオールには、美術館や博物館、ギャラリーが点在しています。留学中は、日々の勉強に疲れたら心が豊かになる文化系のモントリオール観光はいかがでしょうか?

ウィンタースポーツを楽しみたい人は、ウィスラー、レイク・ルイーズ、バンフなどのスキーリゾートへ。スキー&スノーボードは語学学校のアクティビティで企画されることもある人気スポーツですので、ぜひチャレンジしてみてください。

STUDY ABROAD STYLEどんな留学スタイルがあるの?

STUDY ABROAD STYLE どんな留学スタイルがあるの?

はじめての留学でも

実践で使える英語力

英語教育が盛んなカナダでは、英語にまつわるさまざまなコースが提供されています。
なかでも日本人が苦手とする、発音やスピーキングを強化するクラスはしばしば空席待ちになるほど。生徒ひとりひとりが手鏡を用いて、口の動きを矯正するユニークな語学学校も存在します。

長期カナダ留学の場合、一定の英語力がつくまでは語学学校に通い、その後はホテル/ツーリズム業界で研修を受けたり、ビジネスカレッジに通うのが一般的。
同僚/クラスメイトがカナダ人という緊張感溢れる環境に身をおくことで、自然と実践で使える英語力が身につきます。

TO WORKカナダで働くには?

TO WORK カナダで働くには?

語学学校卒業後には

カナダで永住権も

留学生や移民を積極的に受け入れているカナダでは、ワーキングホリデービザ制度を利用した就労のほか、ポストグラデュエートワークパミット(Post Graduation Work Permit通称:ポスグラ)での就労が許されています。
ポスグラは政府認定の8ヵ月以上の高等教育プログラムを修了した留学生が、学んだ分野に関連する業界で就労経験を積むことができるシステムです。

海外就職を目的に渡航される方にとっては一見遠回りのように見えますが、カナダの学校で専門分野を学んだ学生と、ワーホリで語学学校卒業後にアルバイトをしていた学生では『就職』という点においては前者が圧倒的に有利となります。

特に看護や保育など、人手が足りていない分野においては永住権の取得も夢ではありません。
カナダ移住をお考えの方は語学学校→高等教育機関→ポスグラ→就労ビザ→永住権という流れを覚えておきましょう。

STYLE LISTカナダスタイル一覧

語学留学(カナダ)

語学留学

ワーキングホリデー

ワーキングホリデー

専門留学(カナダ)

専門留学

コミュニティカレッジ・大学留学(カナダ)

コミュニティカレッジ・大学留学

スキルアップ留学(カナダ)

スキルアップ留学

スポーツ留学(カナダ)

スポーツ留学

海外で働く(カナダ)

海外で働く

海外で暮らす(カナダ)

海外で暮らす

ジュニア留学(カナダ)

ジュニア留学

\ カナダ留学スクールデータ /

SCHOOL DATAあなたにぴったりの学校を選ぼう

CONTACTお気軽にご相談ください

\ あなただけのオリジナル留学がきっと見つかる /

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

まずはカウンセラーに相談しよう!

みなさん、留学カウンセリングってどんなことをすると思いますか?   留学が初めての方は、留学そのものやどのように留学先を決めればいいか分からない方も多いはずです。体調がおかしいと思ったら病院へ行くように、「留学ってどんなものがあるの?」「私に合った国ってどこ?」というみなさんの些細な疑問や不安をひとつひとつ解決するのが留学カウンセリングです。

留学相談はこちら

CONTACTお気軽にご相談ください

0120-036-177
( 営業時間/11:30-20:30 年中無休 )

トップに戻る