U.S.A. アメリカ

USA

INFORMATIONアメリカってどんな国?

「自由」「個性」「エンターテイメント」が特徴のアメリカ。

何事にも、「私はこう思う!」とはっきり意志を伝える国民性です。

これまで多くの移民を受けアメリカは、留学生を含めた外国人にも平等に成功するチャンスが与えられるため、自分の努力次第でアメリカンドリームを手にすることも不可能ではありません。

 

 西海岸と東海岸とでは気候や文化のみならず、英語の発音にも違いが見られるのも広大なアメリカならではの特徴といえるでしょう。

アメリカ United States of America

国名 アメリカ United States of America
言語 英語
通貨 USドル($)
首都 ワシントンDC(Washington D.C.)
面積 9,630,000㎢(日本列島の約25倍)
人口 約3億人
宗教 プロテスタント(56%)、ローマカトリッ
ク(28%)、ユダヤ教(2%)
民族 白人(83%)、黒人(12%)、ネイティブ
アメリカンとアジア系(5%)

アメリカ United States of America

 

| アメリカの気候 -留学のベストシーズンはいつ?

 

広大なアメリカは気候が地域によって異なります。ロサンゼルスやサンディエゴ、サンフランシスコなどがある西海岸は、年間を通して温暖な気候。例えば、ロサンゼルスの夏は最高気温28℃、冬は最低気温7~9度と過ごしやすい気候です。

 

一方、東海岸の北部、ニューヨーク、ボストンの夏は高温・多湿で気温は日本の東京のような暑さと言われています。ニューヨークの緯度はほぼ青森県と同じですので、冬はとても寒く雪も降ります。最低気温もマイナス4℃になることもあるので、防寒対策が必要です。

 

アメリカ留学のベストシーズンは、4月~12月。春から秋にかけて過ごしやすい気候ですし、イベントも盛りだくさん!イースター(3月/4月)、独立記念日(7月)、ハロウィン(10月)、サンクスギビング・感謝祭(11月)、クリスマス(12月)とさまざまな行事を体験することができるので留学計画の参考にしてみてください。

 

| アメリカと日本の時差ってどのくらい?サマータイムって何?

同じ国で時差があるというアメリカ。国土の大きさを感じます。本土は4つのタイムゾーンに分かれています。

 

東部時間(EST Eastern Standard Time)…ニューヨーク、ボストン、マイアミ、ワシントンD.C.など  

→日本との時差14時間(日本より遅れている) →サマータイム時:13時間

中部時間 (CST Central Standard Time)…シカゴ、デトロイト、ヒューストンなど  

→日本との時差15時間(日本より遅れている)  →サマータイム時:14時間

山岳部時間(MST Mountain Standard Time)…デンバー、フェニックス、ソルトレークシティーなど  

→日本との時差16時間(日本より遅れている)  →サマータイム時:15時間

太平洋時間(PST Pacific Standard Time)…ロサンゼルス、シアトル、ラスベガスなど  

→日本との時差17時間(日本より遅れている)  →サマータイム時:16時間

※ハワイ州とアラスカ州の時間はそれぞれ異なる。

 

【サマータイムについて】

サマータイムはアメリカではDay Light Saving(デイライトセービング)とよばれ、3月第2日曜の午前2時~11月第1日曜の午前2時までがサマータイムです。ほとんどの州で実施されていますが、ハワイ州、アリゾナ州の一部では実施されていません。サマータイムが始まる3月の第2日曜は夜寝る前に時計の針を1時間進めることを忘れないようにしましょう。そしてサマータイムが終わる11月第1日曜は寝る前に時計の針を1時間戻すこと。もちろん次の日の学校開始時間もずれていますので、遅刻などに気を付けてくださいね。ちなみに春と秋に時間を1時間ずらすお知らせはニュースやウェブサイトでチェックできたり、ホストファミリーや留学先学校のスタッフや先生が教えてくれます。

| アメリカの食事ってどんな感じ?

アメリカの代表的な食べ物といえばハンバーガーやピザ、カラフルなケーキなどを思い浮かべる方も多いと思いますが、隣国のメキシコからはタコスやナチョスなどのメキシカン、パスタやラザニアのイタリアンの他、ギリシャ料理、韓国料理など移民の影響で多国籍な料理が楽しめます。

 

最近のブームはヘルシー志向のオーガニック食材や日本食。アボカドやエビを巻き、マヨネーズなどで味つけしたカリフォルニアロールはアメリカ発祥のお寿司ですし、Tofu(豆腐)やMiso(みそ)も人気です。ハリウッドセレブから発信されるオーガニックフード、ワイン、スイーツなども注目されています。

 

アメリカでは大きな行事の際に伝統料理を作って家族でお祝いする習慣があります。サンクスギビング(感謝祭)では、ターキー(七面鳥)の丸焼きに、グレービーソースをかけて食べたり、クリスマスにはローストビーフ、ホースラディッシュのソース、マッシュポテトが定番。また、春のイベント、イースターでは卵料理と肉料理が振る舞われる家庭が多いようです。ホームステイ先でも食べる機会があるかもしれませんね。

 

一方、普段の食事といえば、朝食はシリアルまたはトーストにベーコンエッグ、ランチはサンドウィッチにチップス、夕食はパスタ、バーベキューチキンなど。。。フローズンフード(冷凍食品)がでてくることもしばしば。アメリカではワーキングマザーが多いため、簡単に作れるフローズンフードが豊富に売られています。留学中、自炊をする方はバランスよく使ってみるとよいでしょう。

 

| アメリカのおすすめスポットは?

 

ロサンゼルスは、ディズニーランドやユニバーサルスタジオなどのテーマパーク、開放的なサンタモニカビーチ、セレブなショッピングエリア・ロデオドライブ、街の夜景を一望できるグリフィス天文台、ハリウッドスターの名前が星型のプレートに刻まれた歩道ウォークオブフェイムなど、たくさんの魅力が詰まっています。また、車で約4時間で行けるネバダ州ラスベガスはショーやカジノなど華やかなひと時を味わえる街。留学中はぜひ足をのばしてみてください。西海岸には大自然が楽しめる国立公園も多くあります。ヨセミテ国立公園、デスバレー国立公園、ラスベガスから行けるグランドキャニオンなど、壮大な景観は圧巻。他にも、カリフォルニア北部のサンフランシスコには都会的な魅力があり、南部のサンディエゴにはメキシコ文化やきれいなビーチもたくさん!

 

アメリカ北東部にあるボストンに行ったらアートや歴史をたどる文化的観光を。世界でもトップクラスのボストン美術館、名門校ハーバード大学マサチューセッツ工科大学のキャンパスツアー、議事堂や教会など、アメリカ歴史を感じながら巡ってみては?

 

最先端のファッション、エンターテイメント、アートを発信し続けるニューヨークは一度は訪れてみたい刺激的な街。ブロードウェイでミュージカル観劇したり、企業の広告やネオンサインが賑やかなタイムズスクエア、世界遺産でもあるアメリカの象徴「自由の女神」、ニューヨーカーの憩いの場セントラルパークなど、見どころが盛りだくさん!勉強に疲れたらちょっと一息、リフレッシュに楽しいスポットにでかけてみましょう!

PICK UP
\ おすすめ留学先/
NEW YORK ニューヨーク
NEW YORK
LOS ANGELES ロサンゼルス
LOS ANGELES
SAN FRANCISCO サンフランシスコ
SAN FRANCISCO

STUDY ABROAD STYLEどんな留学スタイルがあるの?

STUDY ABROAD STYLE どんな留学スタイルがあるの?

初心者~プロまで幅広い

レベルのダンスレッスン

アメリカ留学では午前中に語学学校に通い、午後はダンスやヨガ、音楽など…それぞれの趣味に時間を費やす学生が多い傾向にあります。

ダンスやヨガのスタジオでは語学学校では知りあうことができない、ローカルアメリカ人と一緒にレッスンを受けることができるので、地元の友達を作るチャンス。もちろん初心者でも気軽に受講できます。

また、大学設備を利用できるオンキャンパスのプログラムも充実しており、休学留学向けの「大学聴講留学プログラム」や社会人向けの「修了証(Certificate)留学プログラム」も人気です。

TO WORKアメリカで働くには?

TO WORK アメリカで働くには?

長期留学生には

就労のチャンスも

海外就職と言えば真っ先にアメリカを思い浮かべる方が多くいらっしゃいますが、残念ながらアメリカにはワーキングホリデービザ制度はありません。  学生ビザを取得した学生においても制限があり、語学留学生は就労が禁止、短大・大学への留学であっても校内の食堂や売店など、限られた環境でしか就労が許可されません。

では、学校外のオフィスやホテルで働くチャンスは0かというと、実はそうではありません。  アメリカには9ヶ月以上の専門課程を修了した留学生に1年間有給で働く許可を与える『オプショナルプラクティカルトレーニング(通称OPT)』というシステムがあり、短大や専門学校卒業した学生の多くはこの制度を利用して就労経験を積んでいます。

この制度は繰り返し使用することもできるので、短大→OPT→大学編入→OPT→大学院→OPTのようにフルで活用する学生も存在します。

STYLE LISTアメリカスタイル一覧

語学留学(アメリカ)

語学留学

専門留学(アメリカ)

専門留学

短大(コミュニティカレッジ)・大学留学 (アメリカ)

短大(コミュニティカレッジ)・大学留学

スキルアップ留学(アメリカ)

スキルアップ留学

スポーツ留学(アメリカ)

スポーツ留学

海外で暮らす(アメリカ)

海外で暮らす

ジュニア留学(アメリカ)

ジュニア留学

\ アメリカ留学スクールデータ /

SCHOOL DATAあなたにぴったりの学校を選ぼう

CONTACTお気軽にご相談ください

\ あなただけのオリジナル留学がきっと見つかる /

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

まずはカウンセラーに相談しよう!

みなさん、留学カウンセリングってどんなことをすると思いますか?   留学が初めての方は、留学そのものやどのように留学先を決めればいいか分からない方も多いはずです。体調がおかしいと思ったら病院へ行くように、「留学ってどんなものがあるの?」「私に合った国ってどこ?」というみなさんの些細な疑問や不安をひとつひとつ解決するのが留学カウンセリングです。

留学相談はこちら

CONTACTお気軽にご相談ください

0120-036-177
( 営業時間/11:30-20:30 年中無休 )

トップに戻る