【子供好き必見!】デミペアという留学スタイル

2022年6月9日

新型コロナウイルスが世界中で蔓延して以降、多くの語学学校では生徒数が激減した影響により一般英語や進学英語だけに絞って細々と学校運営を続けていました。

ところが2022年に入り観光ビザ、学生ビザ、ワーキングホリデーなど…渡航制限の解除が進み始めたことで、ユニークなプログラムを復活させる学校も増えてきています。

そこで今回は特に保育や教育関連のお仕事をしている方におすすめのデミペア留学についてご紹介します。

デミペアってどんな留学?

デミペア留学デミペア留学とは、語学学校に通いながらホストファミリーの子どものお世話や家事のお手伝いをすることで滞在費が無料となるプログラムです。

同様のプログラムとしてベビーシッターオーペアが挙げられますが、子どものお世話に限定したベビーシッターとは異なり、デミペアでは家事や掃除などファミリーがお手伝いを依頼されるケースもあります。またフルタイムで働くオーペアではほとんど自分の時間を持つことはできませんが、デミペアでは日中は語学学校に通うことができるため、滞在費を抑えながら語学力の向上がしたいというニーズに応えるプログラムとして徐々に人気が高まりつつあります。

デミペア留学で気を付けなければいけないこと

デミペア留学の最大の魅力は留学中にローカルの生活体験ができること。通常のホームステイと比べてファミリーとの接点が多く、ローカル文化について理解が深まるデミペア留学は、子どもが大好きで家事や掃除等も苦ではない方にとっては非常にメリットの多いプログラムといえます。

また、デミペア留学では滞在費が無料になるという点も留学生にとって大きな魅力のひとつです。ただし、それだけを理由にデミペアを選択すると現地到着後に理想と現実のギャップに苦しむこともあるため注意が必要です。参考までによくあるトラブルの一例をご紹介します。

シドニーでデミペアをしながら語学学校に通うAさんは、語学学校でたくさんの友達もでき、充実した留学生活を送っていました。

そんなある日の放課後、同じ学校に通うクラスメイトに誘われ夕食に出かけることに。ところが急な誘いだったこともあり、ファミリーに連絡するのをすっかり忘れてしまいました。友人たちと楽しい時間を過ごし、ホストファミリー宅に帰宅するとホストマザーはAさんに激怒。実はAさんが不在の間、ファミリーの子どもが一人になってしまい近隣住民から虐待の疑いありとして警察に通報されてしまったのです。

結果的にAさんは1度のルール違反で強制退去という結果になりました。

ホストファミリーに事前に報告した上でたまの息抜きで出かける分には問題なかったでしょう。しかし何の相談もなく帰宅が遅れたり、夜間に自由に出歩いたりすることはデミペア中は原則許されません。特に子どもの面倒を依頼されている場合、国によって子どもをひとりにすることは法律上固く禁じられていることも。

ワーキングホリデー中は学校卒業後のアルバイト探しやルームシェア先の内見など…語学習得以外にもやらなければならないことが山積みです。

しかしながら労働の対価として部屋と食費を無償で提供してもらっている以上、少なくともデミペア中はその場の誘惑に流されず、事前に決められたルールの中で生活を送るようにしましょう。

デミペア留学ができる学校

デミペア留学は主にオーストラリアの語学学校で提供されていますが、ニュージーランドやカナダの一部の語学学校でも参加することができます。

ここではデミペア留学に力を入れているLexis English(レクシスイングリッシュ)のデミペアプログラムをご紹介します。レクシスイングリッシュはオーストラリア国内に5キャンパス(シドニー/ブリスベン/パース/ヌーサ/サンシャインコースト/バイロンベイ)を持つ語学学校兼専門学校です。語学コース卒業後はビジネスやホスピタリティ、ビューティープログラムなどの専門コースに進学することもできます。

レクシスイングリッシュでは通常ホームステイは直接契約をしていますが、デミペア留学では生徒と家庭がベストマッチできるようデミペア専門の会社がプレースメントから、お手伝いに必要なトレーニングやサポートを行っています。

オーストラリアのデミペアプログラム
  • レクシスイングリッシュのデミペアコース
  • ✔️ Lexis English(英語コース)またはLexis Training(専門コース)を受講すること
  • ✔️ 期間 :最低12週間~
  • ✔️ 開始日 :毎週月曜日(祝日を除く)
  • ✔️ 英語レベル:準中級以上
  • ✔️ 場所 :レクシス全キャンパス
  • ✔️ ビザの種類 :学生ビザまたはワーキングホリデービザ
  • ※お申込の際の注意
  • 1. 英語でのインタビューあり(スカイプなど)
  • 2. 渡航4週間前までのお申込み
  • 3. デミペア期間は英語/専門コース期間と同じかそれ以下
  • 4. イースターやクリスマス周辺はアレンジが難しい場合があります。

デミペア留学は新しい留学の形

デミペア留学は受け入れに条件があり、誰でも自由に参加できるものではありません。それでも中級程度の英語力があり、子どものお世話などに興味のある方にとっては非常にメリットの多いプログラムだと思います。

プログラムの特性上、各エリアごとに受け入れ可能なファミリーに限りがあります。まずは希望の渡航時期や留学先をお問い合わせください。

資料請求備考欄に『デミペア希望』とご入力頂くとスムーズにご案内可能です。

資料請求はこちら

この記事に関連する国の留学情報はこちら

  • オーストラリア

    オーストラリア

この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでいます

\ あなただけのオリジナル留学がきっと見つかる /

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

まずはカウンセラーに相談しよう!

みなさん、留学カウンセリングってどんなことをすると思いますか?   留学が初めての方は、留学そのものやどのように留学先を決めればいいか分からない方も多いはずです。体調がおかしいと思ったら病院へ行くように、「留学ってどんなものがあるの?」「私に合った国ってどこ?」というみなさんの些細な疑問や不安をひとつひとつ解決するのが留学カウンセリングです。

留学相談はこちら

CONTACTお気軽にご相談ください

0120-036-177
( 営業時間/11:30-20:30 年中無休 )

トップに戻る