JUNIOR 中高生の留学

海外の中学・高校

High School STUDENTS中学・高校生の留学

目次 -index-

お試し?本格?中高生の留学スタイル

中高生の留学は2種類ある

中学生や高校生が留学する目的はひとそれぞれ。「好きな映画を字幕なしで理解できるようになりたい!」「とにかく海外に住んでみたい!」「将来は世界中を飛び回るような仕事に就きたい」など、さまざまな理由が考えられます。このページでは中高生の留学スタイル、各種条件などを詳しく解説していきます。

サマーキャンプ・短期留学

サマーキャンプや短期留学とは、夏休みなどの長期休みを利用して、国籍の異なるたくさんのお友達との交流を楽しむプログラムです。

英語レッスン以外にもテーマパークへの遠足やスポーツ、芸術などの課外活動がふんだんに盛り込まれており、最近ではロボット製作やプログラミングなどのSTEAM教育(科学/技術/Engineering/、Mathematics)を取り入れたプログラムの需要が高まっています。サマーキャンプがきっかけで正規留学に興味を持つ学生も多いため、将来の長期留学を視野に入れた留学のはじめの一歩としても非常におすすめです。

カナダやハワイなどの人気の高いプログラムは例年4月~5月にかけて満席となるため、年末から春休みにかけて家族で話し合い、準備を始められると良いでしょう。

 

正規留学

海外の中学・高校で単位を取得、あるいは卒業することを目的とした長期留学のことを正規留学と言います。少し前までは中学卒業のタイミングでの渡航が一般的でしたが、近年では中学1,2年時から海外のスクールへ編入することも珍しくなくなっています。

正規留学は、留学の目的や将来の進学先、現在在籍している日本の学校を辞めるのか、帰国後に復学するのかなどに応じて選ぶべき留学方法が異なります。正規留学はお子様の人生設計に関わる関わる一大イベントですので、遅くとも1年~1年半前には情報収集や留学相談を進めて慎重に判断しましょう。

各国の正規留学については以下のリンクでご案内していきます。

正規留学には2つの選択肢がある

私費留学と交換留学の違い

私費留学

私費留学とは、渡航者およびそのご家族が留学費用をすべて負担する留学のことで、中学・高校留学では最もポピュラーな留学方法です。

私費留学に参加する留学生の多くは現地で半年ほど準備英語コースを受講してから、一般科目に移行するので海外生活が初めての学生でも無理なく留学生活を始めることができる点も私費留学のメリットと言えます。

気になる留学費用は公立校で年間300万円前後、私立校で年間500万円前後と大きな開きがあります。ただし、アメリカやイギリスでは、ご家族の仕事の事情で移住していたり、永住権を持っているといった特別な事情がない限り、私立校への留学に限られるため、他国に比べて留学費用は高額になることが予想されます。また、公立校は学生の90%以上が現地学生なのに対し、留学生を積極的に受け入れている私立校では留学生割合が50%を超えることも。また、海外の中学・高校を卒業する『卒業留学』ができるのは私費留学のみという点も見逃せません。

このような理由からウインテック留学センターから留学される方の多くはカナダやオーストラリア、ニュージーランドの公立校への留学を選ばれています。

各国の私費留学費用のめやす

 公立私立
アメリカ450~800万円
カナダ250~350万円450~700万円
オーストラリア300~400万円450~700万円
ニュージーランド250~300万円450~600万円
イギリス450~800万円
アイルランド250~450万円

交換留学

交換留学とは、異文化交流を主な目的とした留学制度です。留学費用は年間100~150万円と私費留学と比較して格段に抑えられる点が大きな魅力です。ただし交換留学では渡航する地域を選ぶことができない点や、到着直後からネイティブ学生に混ざって一般科目を受けるという点において、留学する本人にどんなにつらくても留学を成功させるという非常に高いモチベーションが求められます。

けれどこの環境に耐え1学年を終えたあかつきには、卒業留学で得られる以上の英語力やリーダーシップ、積極性や忍耐力を身に付けることができます。※留学期間は1学年のみといった制限があるため、海外の高校を卒業することを目的とした場合は私費留学での渡航となります。

ウインテック留学センターではアメリカ交換留学プログラムをご案内しております。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

  • 【ウインテックのアメリカ交換留学プログラム参加条件】
  • ■年齢:15歳~18歳
    ■英語力:ELTiS212点以上
    ■学校の成績:学業成績が平均以上であること(5段階であれば、3.0以上)
    ■推薦状:英文での推薦状が必要。在学中の中学校の先生や高校の先生などに書いてもらいます。
    ■留学の目的が明確であること
    ■心身ともに健康であること
    ■ルールを順守できること

【参考】ウインテックのアメリカ交換留学プログラム(ジュニア留学.net)

海外の中学・高校を卒業するには

海外の高校を卒業する

卒業留学とは文字通り、海外の中学校・高校で単位を取得し卒業することを目的とした留学の事を指します。語学留学とは違い、地元の学生と机を並べて社会や物理、数学などの一般科目の授業を受けることになるため、現地生活に慣れるまでの間は授業についていくのも大変で辛く感じることも多々あります。しかしその分、短期留学や大人になってからの留学では得られない高いレベルの語学力を身に付けることができるでしょう。

もちろん渡航時点で英語力に不安のある学生でも卒業留学をすることは可能です。その場合、一部の学校や学区で提供されている留学生対象の準備英語コースを受講し、学校が英語力がついたと判断した段階で一般科目の受講を開始することになります。※国により準備英語と一般科目と平行して受講するケースと、準備英語コース修了後に一般科目に移行するケースがございます。

また、日本の中学・高校を退学して海外に行くのは不安…という場合、まずはスタディアブロードプログラムに参加するという方法もあります。スタディアブロードプログラムとは、数カ月(1学期~1年間)の間だけ海外の中学・高校で過ごし、取得した単位を日本の学校に移行できるプログラムで、お試しで海外生活が体験できるとして人気の高いプログラムです。ただし、単位の移行が認められるかは在籍している学校により異なりますので確認が必要です。

ウインテックは中高生の留学をワンストップでサポート

中高生の留学をワンストップでサポート

ウインテック留学センターではご相談から出発まで専門スタッフが担当し、英語の勉強方法や海外生活への心の準備など準備段階からワンストップでし致します。

また、弊社は創業20年を超える総合留学センターとしての実績を踏まえて、大学進学を視野に入れた高校留学の提案を行っておりますので、将来を見据えた高校留学を実現します。

ウインテックの中高留学留学サポート

  • ■留学先の選定・願書提出
  • ■滞在先の手配
  • ■授業料等の送金代行
  • ■学生ビザ申請代行
  • ■提携PCR検査クリニックのご案内
  • ■航空券のご予約
  • ■新型コロナウイルス対応の海外旅行保険のお手続き
  • ■留学前オリエンテーション
  • ■オリジナル英語教材
  • ■留学中の24時間日本語電話サポート
ウインテックでは2008年2月より、いち早くジュニア留学専門のポータルサイト 『ジュニア留学ネット』の運営を始めました。 『ジュニア留学ネット』は留学情報の少ない2〜18歳世代向け留学をフォーカス。 国別、種類別、年代別に最新留学プランを紹介しています。
ナマの留学生の意見や現地学校のアドバイスを元に培った留学ノウハウを 惜しみなく提供し、ジュニア留学を応援します。

クリックしてジュニア留学.NETに進む

\ あなただけのオリジナル留学がきっと見つかる /

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

まずはカウンセラーに相談しよう!

みなさん、留学カウンセリングってどんなことをすると思いますか?   留学が初めての方は、留学そのものやどのように留学先を決めればいいか分からない方も多いはずです。体調がおかしいと思ったら病院へ行くように、「留学ってどんなものがあるの?」「私に合った国ってどこ?」というみなさんの些細な疑問や不安をひとつひとつ解決するのが留学カウンセリングです。

留学相談はこちら

CONTACTお気軽にご相談ください

0120-036-177
( 営業時間/11:30-20:30 年中無休 )

トップに戻る