ニュージーランド スクール オブ ツーリズム New Zealand school of Tourism

ニュージーランドスクールオブツーリズム

このコースは、国内線、国際線に乗務する客室乗務員を目指す学生に必要とされる知識を学ぶコースです。

オークランド市内の語学学校、Worldwide School of Englishで英語を学んだ後、New Zealand school of Tourism で飛行機及び航空産業に関する知識、客室乗務員スペシャリストトレーニング、実技をメインに機内サービスと機内での安全管理、緊急時の対応などを身に付けます。コースを修了した学生には国際客室乗務員コース修了書が与えられ、卒業生の92%が世界各地で活躍されています。

学校データ

留学期間
14週間 ※英語力が基準に満たない場合の語学研修期間は別
入学日
年2回(3月/9月) 必要な英語力 TOEFL530以上/IELTS5.5以上/TOEIC625以上

プログラム内容

■クルーのリソース管理
航空機内での緊急事態における効果的なチームワークやコミュニケーション、状況認識、意思決定について学びます。
■乗客の管理
お子さまや障害のある乗客への効果的なコミュニケーションについて学びます。
■食品および飲料の提供
航空機内での飲食サービスを提供するスキルを学び実践します。
■航空会社および空港のセキュリティ
セキュリティ対策に成功している航空会社と新興航空会社に焦点を当て、航空会社がリスクを管理する方法について学びます。 このモジュールでは航空会社と空港がテロと空襲の脅威にどのように対処するかについて説明します。
■シンガポール航空
エアラインの満足度調査で常に上位にランクインするシンガポール航空の歴史や路線、機材、機内サービスなどを調査し、世界クラスの航空会社のビジネスシステムとプロセスを学びます。
■航空機内でのトラブルへの対応
乗客、航空機、乗組員の安全に対する潜在的な脅威の初期の兆候を認識し、あらゆる紛争に対処するための手順を学びます。
■航空事故
過去の航空事故が今日の運航方法を改善するのにどのように役立ったかについて調査し発表することで、事故の防止において客室乗務員として果たす役割を認識します。
■航空機の安全および緊急用機器
航空会社ではすべての乗務員が安全装置、および緊急装置の操作方法を学習する必要があります。このモジュールではこれらの機器の重要性について深く理解します。
■緊急時の対応と消防
このモジュールでは航空機内で発生した火災など、機内で直面する可能性のある緊急事態に備えます。
■応急処置と航空医学
救急証明書を取得し、航空機内で緊急医療が必要になった場合の知識とスキルを習得します。

卒業生の進路

■Y.Uさん(女性)
航空会社:全日空
■R.Oさん(女性)
航空会社:エミレーツ航空
■S.Kさん(女性)
航空会社:全日空
■M.Fさん(女性)
航空会社:タイ航空
■K.Mさん(女性)
航空会社:エミレーツ航空
■T.Nさん(男性)
航空会社:カタール航空
■M.Oさん(女性)
航空会社:スクート航空
■Aさん(女性)
航空会社:海南航空

ニュージーランドスクールオブツーリズム周辺の様子

学校所在地:3 Leonard Isitt Drive, Mangere, Auckland 2022 ニュージーランド

ニュージーランドスクールオブツーリズム周辺の様子

どんな留学が出来るの?

  • フライトアテンダント養成
  • トラベル&ツーリズム
  • ホテルマネージメント

どんなところに滞在するの?

  • ホームステイ
  • ルームシェア

\ あなただけのオリジナル留学がきっと見つかる /

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

まずはカウンセラーに相談しよう!

みなさん、留学カウンセリングってどんなことをすると思いますか?   留学が初めての方は、留学そのものやどのように留学先を決めればいいか分からない方も多いはずです。体調がおかしいと思ったら病院へ行くように、「留学ってどんなものがあるの?」「私に合った国ってどこ?」というみなさんの些細な疑問や不安をひとつひとつ解決するのが留学カウンセリングです。

留学相談はこちら

CONTACTお気軽にご相談ください

0120-036-177
( 営業時間/11:30-20:30 年中無休 )

トップに戻る