大学時代は自分でやりたいことを選択してチャレンジできる有意義な時間。異国の街でのさまざまな体験や人々との出会いは日本にいたらできない、かけがえのない経験となります。ウインテック留学センターから留学してキラキラに輝いた先輩留学生に海外生活体験で本当に得られるものは何か、リアルヴォイスを聞いてみました。

留学前

「海外で現地の人と話したい!」から始まった留学

なぜ留学しようと思ったのですか?
以前、祖父とイタリア旅行に行ったときに、現地の人たちともっとコミュニケーションとってみたいな、海外にふれてみたいな、と思ったのがきっかけです。

イタリアの他に、アメリカのサンディエゴ、ハワイ、グアム、中国に行ったことがあって、自分自身海外旅行が好きなんですが、それが影響して、いろんな国の人と友達になりたい、いろんな国に友達を作りたい!と思うようになりました。

実は兄がアメリカのサンディエゴに留学しているのですが、語学学校には多国籍の学生がきているよ、と教えてくれたので、語学留学にチャレンジしてみようと思いました。

おじいさま、お兄さまの話を笑顔でしてくれました。家族思いの一面を見せる星さん。
(場所:ウインテック留学センター:東京本社にて)

今の大学生活はどんな感じですか?
今年の4月から3年生になりましたが、経済学部で勉強しています。授業のある日は大学に行って、バイトも週2、3日入っています。いたって普通の大学生の生活だと思います(笑)

経済学部はいい意味で無難な学部(1?)なので、堅実に学生生活を送っている人も多いかなと思います。でも、僕はやっぱり海外に出て、色々な異文化を体験したり、英語が話せるようになっていろんな国の友達を作りたいんですよね。
なぜ留学先にフィリピンのセブ島を選んだのですか?
今年の秋から大学を休学してアメリカに長期留学を予定しているのですが、まずは海外に慣れたくて、アメリカに行く前に留学費を抑えられるセブに留学しようと決めました。日本からも近いので、安心感も少しあったからです。

留学中

「とにかく外に出よう」をモットーに、120%楽しんだフィリピン・セブ留学

留学中の生活を教えてください。
月~金曜日は語学学校に通っていました。午前・午後それぞれマンツーマンレッスンを3コマとグループレッスン1コマを受けて1日合計8コマと、しっかり勉強してきました。

面白い先生のレッスンは時間が早く経ってしまうので、8コマもなんとか乗り越えられました。先生たちが本当に個性的で、ピュアでとてもいい方たちでした。なぜか僕は先生たちに気に入られて(笑)、授業が終わった先生たちが僕のレッスンしているブースの周りにきて、フリートークが始まったり、放課後はみんなでたくさん話せていい環境だったと思います。

身振り手振りを交えて、楽しい体験談を語ってくださいました。現地では自分から外にでよう、たくさん話そう、と積極的に動いていたとのこと。

週末はどう過ごしていましたか?
週末はかなりいろんな所に遊びに行きましたよ。ショッピングモール、スパは何度か行きました。スパは安いしリラックスできるのでおすすめです!学割があるところもありました。
あとは、ターシャっていう世界一小さいメガネザルがいるボホール島に行ったときは、本当にターシャが手のひらサイズでかわいかった!あとは、マリンスポーツもやりましたね。アクティビティを手配してくれる地元の方と仲良くなって、格安でバナナボートとか、船の上で食事するちょっとしたクルーズとか(笑)

ジンベイザメと泳ぐツアー」では、ジンベイザメには触れてはいけないというルールがあるのですが、思ったよりたくさんジンベイザメがいて(!?)、僕がよけないと当たってしまうくらい。感動しながらもよけるのが大変でした。

地元の人との交流を大切にしてきました!

でもそれよりもっと大変だったのが、滝に行って、高さ20mくらいの崖から飛び込むアクティビティです。。。20mって本当に高いんですよ。しかもバンジーみたいな安全器具もついていないし。絶対飛べね~って思ったけど、後ろに並ばれてしまって、カウントダウンも始まってしまって、飛ぶしかかなったです。。。すごい怖かったですね(笑)
留学中の失敗談を教えてください。
セブ滞在中、地元のお店でシシグライスというフィリピン料理を食べたのですが、おなかをこわしてしまいました。たぶん水が原因だと思います。セブに行く方は気を付けてください。

それと、やっぱり留学前に英語の勉強をしておくべきだったなと。とくに、文法とボキャブラリーは日本でやっておいたほうがいいと思います。留学先では1人で部屋にこもって、これらを勉強するのはもったいない!海外ではクラスメイトや先生、地元の人たちとコミュニケーションをとってスピーキングやリスニング力を上げた方がいいと思いました。
留学中の写真 留学中の写真

今さら聞けない留学のギモン

Q&A

~ 星さんに聞きました☆ ~

インタビュアー

いつ留学するべき?

星さん

大学2年生のときがいいと思います。
3年になるとインターンシップや就活が始まるので。

インタビュアー

留学中にハマったものは?

星さん

フレッシュマンゴー!あまくて美味しかった!
なんと60円という安さでした!

インタビュアー

セブの何が恋しい?

星さん

先生たちですね。また会いたいです。

インタビュアー

留学に行ったら何が変わる?

星さん

外国人への見方です。
日本ではまだ外国人をジロジロみたりする人も多いけど、フィリピンでは外国人が旅行や留学にきても自然に誰とでも話している。僕も日本でそうしようと、考えさせられました。

インタビュアー

留学前、英語力あった?

星さん

単語レベルでした(笑)でも留学中はその単語を
会話や文章でどう使うか考えるようになった。

インタビュアー

どんな国籍の生徒が学校にいた?

星さん

ロシア、モンゴル、韓国、日本、サウジアラビアなど

インタビュアー

ホームシックかかった?

星さん

全然かかりませんでした(笑)2カ月の短期でしたしね。ホームシック対策としては、友達を作るのがいいと思います。

留学後

10カ国以上の友達を作るのが目標!国際派を目指します。

留学で一番印象に残っていることは何ですか?
少し真面目な話になりますが、「日本との違い」ですかね。日本は恵まれているんだと改めて思いました。フィリピンにはストリートチルドレンがいたり、トイレは下水システムが発達していないので、トイレットペーパーを流せなかったり(備え付けのゴミ箱に捨てます)、シャワーも水圧がチョロチョロですし、不便さを感じることがありました。でもそんな不便さも慣れるので、大丈夫でした。

あとは、社会全体がゲイの人たちに対する偏見がないことも印象に残っています。とくにゲイであることを隠したりもしないし、周りも普通に接しているので自然だなぁと感じましたね。あと、彼らはおもしろい話をしてくれるので、コミュニケーションとりながら、たくさん笑いました^^

長期留学に向けて目が輝いていた星さん。セブ留学の経験を糧に、アメリカ留学も頑張ってください!

これからの目標を教えてください。
今年の9月からアメリカに長期留学に行ってきます。アメリカでは10カ国以上の友達を作りたいですね。兄が10カ国の友達を作ったようなので、それ以上を目標に。あとは英語力がネイティブの人と対等に話せるくらいになって、言葉の壁をなくしたいです。
留学を考えている方にメッセージをお願いします。
まだ短期留学しかしたことのない僕からアドバイスというのはおこがましいのですが、あえて言うなら「現地に行ったらフレンドリーになろう!」ですかね。一人で部屋にこもっていたら、せっかく留学にきたのに意味がないと思うんです。外に出て、どんどん話しかけて、コミュニケーションをとってみてください。新しい出会いや、新しい自分が発見できると思います。
  • #1積極的に自分からたくさん話しかけた!
  • #2部屋にこもらずに、外に出てアクティブに過ごした!
  • #3日本と違う環境に順応して、異文化・さまざまな価値観を学んだ!

ウインテックなら充実した留学が叶う!

まずはお問合せください

COPYRIGHT 2016 WINTECH Inc.