今、企業が求めるグローバル人材とは?~インタビュー~  | ビーバー教授の留学道場

Top>ビーバー教授の留学道場>今、企業が求めるグローバル人材とは?~インタビュー~ 

今、企業が求めるグローバル人材とは?~インタビュー~

最近、「新入社員の採用基準にTOEIC®の点数を課す」「若手社員を積極的に海外研修に派遣」「社内公用語を英語にする」などのニュースをよく耳にする。やはり、企業におけるグローバル化はトレンドなのか、企業の海外事業活動を支援している一般社団法人 日本在外企業協会の西川裕治さんと矢部英明さんにお話を伺った。

「日本国内で働いているから英語は必要ない」では通用しない時代に

――最近、採用試験で英語力が重視されるという話をよく聞きます。あるいは、入社後に海外に派遣する企業も増えました。やはりこれからの企業経営において、グローバル人材は欠かせないということなのでしょうか?

西川:コミュニケーション・ツールとしての英語力はビジネスをするにあたりとても大切であり、海外との接点の多い商社などは、以前から採用時に英語力や海外体験を重視する傾向がありました。それが、最近は業種を問わずそういった傾向がでていますね。業種だけでなく、職種にも制限がなくなりつつあります。たとえばメーカーの国内製造現場といった、従来はもっとも海外とは縁遠いと思われがちだった職種でも、海外との技術提携などもあり、最近では英語力がなければ仕事にならない、と言われ始めているんです。  

――それはなぜですか?

西川 もはや、メーカーがよいモノを作れば、商社がそれを売ってくれるという時代は終わりました。メーカーが自ら海外の顧客に売り込むことも普通になっています。ライバルは世界中の同業企業、というシチュエーションにおいて、自社の技術の強みを一番わかっている技術者が自分でプレゼンテーションができるほうが、優位に立てる確率が多くなります。また、ミーティングの場で相手のニーズを的確にくみ取ることができれば、設計変更に柔軟に応じることもできます。

――スピードが求められているというわけですね。営業が日本に持ち帰った資料を見て、というのでは競争に勝てない、と。

矢部:そうですね。今やミーティングは情報共有の場ではなく、意思決定の場だという認識が当たり前です。出席者が分厚い資料を読みあげながら報告をし合うという、ミーティングは、最近ではどこの企業でもやりませんね。情報共有は事前にメールに添付された資料ですませておく。顔を突き合わせてやることは、お互いに意見を出し合いながら結論を出すことです。そして、ミーティングが終ったら、各々がすぐに次のアクションに移るんです。

西川:「日本国内で働いているから英語は必要ない」ということでは通用しなくなってきたというわけです。

グローバルな人材とは「世界どこへ行っても働ける」人

――ただ、英語ができればグローバルに仕事ができるかというと、それはまた別の話ですよね?

西川 :その通りです。英語しかできないのでは仕事になりません。最近では学生時代に留学をする人も増え、TOEIC®のスコアが高得点だという人も珍しくなくなりました。 そこで、採用時や昇進時には「英語力は当たり前のこと」として、他にどんなスキルを持っているかがポイントとなることが多いですね。

――例えばどんなことでしょうか?

西川 :具体的なスキルは業種・職種によって変わりますが、どんな業種・職種でも共通して必要となる能力といえば、コミュニケーションスキルでしょう。 さまざまな背景を持つ相手を理解する力に加えて、プレゼンテーション能力だったり、交渉力だったり、話し合いの中で結論を導く力だったりと、単なる語学を超えたところで求められるものです。「空気を読む」ことが良しとされてきた日本人には若干苦手な分野ではありますが、さまざまな国籍の人たちと仕事をする上では欠かせないスキルです。ただ、コミュニケーション力は、その背後に自分の仕事の専門性が無いと無意味となります。


矢部 :そのためにはまず、文化の違いが存在するんだという認識があることが必要になります。あまりにも根本的すぎる話だと思うかもしれませんが(笑)、これは意外に重要なことなのです。海外進出をした企業が失敗する理由として、日本のやり方を相手に押し付けたからというのが多く見られますが、個人レベルでも同じことが言えます。 日本で育った自分の知識、自分の視点とは違うものがあることを知って、それに対応していけるスキルはこれから必要になるでしょうね。

――それはスキルと言えるのでしょうか? つまり、志向ということではなく、努力次第で培っていけるものだと?

矢部 :ええ、訓練すれば身に付くという点ではスキルと言って差し支えないと思います。逆に、若いうちから海外の人たちと交流するなどして、積極的に磨いてほしいスキルのひとつです。


西川 :そういう認識を持っていて、なおかつ世界中どこでも働けるという気概がある人なら、どんな企業でも欲しがるでしょうね。海外というと欧米を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、これからはアジア、アフリカ、南米などでビジネスを展開していく企業がどんどん増えてくると思われます。「欧米ならいいけど、アフリカはちょっと......」というのでは困る(苦笑)。やるべき仕事があるなら、どこでも行きますという人が求められます。もちろん、「どこでも」の中には日本も含まれています。「日本対海外」という意識そのものがもはや時代遅れです。その意識を取り払ってこそ、グローバルと言えるでしょう。日本は世界の一部分でしかありません。

Dr.ビーバーの解説 "TOEIC®で実際の英語力は測れるか?"

企業のグローバル化に伴って、個人もグローバルな人材をめざすという流れは、今後ますます広がっていきそうじゃな。

ところで、企業が求める英語力をTOEIC®で測ることについてはいろいろな意見があるが、矢部さんが面白いことを言っておったぞ。「TOEIC®の点数と仕事で使える英語力は別。しかし、仕事で英語が使える人はTOEICの点数も高い」。つまり、TOEIC®で高得点をめざそうと思って勉強するのではなく、仕事ができるレベルの英語をめざせばTOEIC®のスコアも伸びるということじゃな。英語力を測るには何らかの指標が必要になるので、今後も採用や昇進の条件としてTOEIC®の点数が求められることには変わらないだろうが、最終的に何のためかを意識しながら勉強する方がいいじゃろうな。  


さらに、西川さんによれば、海外取引の多い企業では既にTOEICの点数が昇格要件や海外出張・海外駐在に出るための前提条件になっているとのこと。ただし、英語ができるということだけで仕事ができるわけでもなく、またほとんどの企業では、それだけで給料が上がったり社内で出世するわけではないとのこと。英語力はグローバル企業での最低必要条件のようじゃな。

しかし、そういう状態がいつまでも続くかどうかはわからんぞ。今、アジア各国の企業はどんどんグローバル化を進めておる。留学生を見ても、中国、韓国や台湾などアジアの学生は目の色を変えて英語力向上やスキルアップに努めているし、それを積極的にアピールしようという姿勢も強い。そんな中で日本だけが今のままでいられるとは思えんから、今の中学生、高校生たちが就職する頃には、社内体制が変わっている可能性は充分にあるぞ。企業に入ってからは目の前の仕事を覚えるので精一杯になるので、英語を勉強する時間を捻出するのは実際にはなかなか難しい。もちろん、本当にグローバルな仕事をしようと思う人は、どんなに忙しくても寝る間を惜しんでも英語を習得するそうじゃが、今のうちから少しずつやっておくといいことには間違いないじゃろうな。


>>>ページトップへ戻る

  • 今、企業が求めるグローバル人材とは?~インタビュー~ 

ページトップへ