NEWS 新着情報

■注目■先輩たちの声『カナダで英語研修+有給インターン』をご紹介します。

ウインテックから一足お先に留学してきた先輩の体験談を紹介するこのコーナー。
今回は、カナダ・バンクーバーで語学留学を経験した山崎 知純(やまさき ともずみ)さんの声をお届けします。
IMG_0312.JPG
社会人生活13年。
そろそろキャリアチェンジしようと考えていた時に思い至ったのが海外留学でした。留学先は親からすすめられた中国・上海。でも僕自身は中国語より英語を学びたい気持ちの方が強かったので、急きょ中国をやめてカナダへ方向転換したのです。
出発前の英語力はほとんどゼロ状態。
英語を勉強するなんて、高校の時以来なので15年ぶりくらいでしょうか。学生時代のかすかな英語の記憶を頼りに、バンクーバーへと渡りました。
英語クラスはレベル3(中級)からのスタートです。
僕の場合、「聞き取り」がすごく苦手で、最初のうちはカナダ人が話していることを理解できず苦しみました…。
ようやく自分の英語力に自信を持てるようになったのは、半年くらい経った頃でしょうか。
それまでは言葉の壁に何度もぶつかり、挫折し、時には気分転換で友達と飲みに出かけ、また帰って自宅学習を続ける。。。そんな毎日を繰り返していました。
僕が通っていた語学学校Tamwoodは、生徒の国籍が本当に多い学校です。
ヨーロッパをはじめ南米、中東、アジア、といろんな文化・価値観に触れられたことで、毎日がとても刺激に満ちていました。
また、他の学校と比べると生徒たちは”まじめ”な子が多い気がしました。
クラスメイトには大学生の子や20代前半の子達が多かったですが、皆とてもきさくでジェネレーションギャップを感じることなんてありませんでしたよ。『若い人に混じって勉強するのはちょっと…』という大人の方、ここなら心配無用です。
9か月間学校へ通った後、2 Dollars SHOP(日本の100円均一ショップのような店)でアルバイトに挑戦しました。帰国した今、下北沢でレイングッズのセレクトショップを開店したのですが、土地柄外国人のお客様も多くいらっしゃいます。カナダ時代に培ったコミュニケーション力とアルバイト経験がここにきてとても役に立っています。
カナダ留学を通して出会った人たちは、僕にとってかけがえのない財産です。
留学前は縁のなかった「飲み会の幹事」も、今では率先して行っていますし、以前よりも人とのつながりを大事にするようになりました。
長い人生、一度くらいは留学してみるべきだと僕は思います。
行って後悔はありません。ぜひチャレンジを!
CIMG1637.jpeg CIMG1206.jpeg
※カナダ留学にご興味のある方、お気軽にご相談ください。
(コメント欄に「カナダ希望」と書いていただくとスムーズです)
この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでいます

\ あなただけのオリジナル留学がきっと見つかる /

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

まずはカウンセラーに相談しよう!

みなさん、留学カウンセリングってどんなことをすると思いますか?   留学が初めての方は、留学そのものやどのように留学先を決めればいいか分からない方も多いはずです。体調がおかしいと思ったら病院へ行くように、「留学ってどんなものがあるの?」「私に合った国ってどこ?」というみなさんの些細な疑問や不安をひとつひとつ解決するのが留学カウンセリングです。

留学相談はこちら

CONTACTお気軽にご相談ください

0120-036-177
( 営業時間/11:30-20:30 年中無休 )

トップに戻る