- 海外スクール視察レポート -

シュプラッハカフェ SPRACHCAFFE

大手の語学学校らしからぬ良心的な料金設定とアットホームさで、ヨーロッパからの留学生を中心に人気を集めるシュプラッハカフェ。 今回、神戸オフィスの松岡カウンセラーが『マルタ・イギリス(ロンドン・ブライトン)・ドイツ』の3ヶ国、合計4都市のキャンパスを見学する視察ツアーに参加しました。 主要な留学先(アメリカ・カナダ・オーストラリア)に比べて、まだまだ知名度の低いこれらの都市の知られざる魅力をお伝えします。

フォトギャラリー

今回の視察は10日間で3ヶ国を移動するスケジュール。それぞれの国で異なる通貨を覚えるのも大変でした。 どのキャンパスにも特徴がありましたが、共通していたのは『日本人比率が低いこと』と『スタッフさんの対応が非常にいいこと』。 視察ツアーにはシュプラッハカフェの創設者Alberto氏(弟さんの方)も同行していたのですが、創設者=ビジネスマンのような雰囲気は全く感じさせず、とても気さくで誰に対しても気づかいのできる素敵なジェントルマンでした。 視察中にも生徒さんの方から積極的に話しかけたリ、スタッフから食事会に招待されたりと、いつも人に囲まれているAlberto氏。 彼の方針に共感して働いているスタッフたちもとても気さくでフレンドリー。お掃除係の方たちもみんな声をかけてくれるなど、とても和やかな校風でした。 現在就学中の日本人生徒さん達もみんな笑顔で楽しんでいる様子。 もちろん初めは友達がなかなかできず、「もっと勉強してくればよかった・・」と弱気になっている子もいましたが、他国のエージェントと一緒に励まし、その国の良さや日本との違いを探してみるようアドバイスさせて頂きました。 私自身このツアー中にヨーロッパ諸国のエージェントの方々と交流する中で痛感したのが『語学習得へのモチベーションの違い』。ヨーロッパの生徒は限られた滞在期間の中で最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、数年前から計画を立てて準備をしています。 時間とお金をかけて海外で学ぶ以上、『日本で最低限予習すべき英文法』や『事前に知っておくべき現地の文化や風習』などをしっかりと準備し、他国の生徒たちに気持ちで負けないようアドバイスしたいと思います。 大人の留学に限らず、シュプラッハカフェはジュニア世代の留学生も積極的に受け入れているので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでいます

\ あなただけのオリジナル留学がきっと見つかる /

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

まずはカウンセラーに相談しよう!

みなさん、留学カウンセリングってどんなことをすると思いますか?   留学が初めての方は、留学そのものやどのように留学先を決めればいいか分からない方も多いはずです。体調がおかしいと思ったら病院へ行くように、「留学ってどんなものがあるの?」「私に合った国ってどこ?」というみなさんの些細な疑問や不安をひとつひとつ解決するのが留学カウンセリングです。

留学相談はこちら

CONTACTお気軽にご相談ください

0120-036-177
( 営業時間/11:30-20:30 年中無休 )

トップに戻る