- 海外スクール視察レポート -

サン パシフィック カレッジ 視察レポート Sun Pacific College report

1985年の創立以来、オーストラリア・ケアンズの代表的な語学学校として多くの生徒を受け入れてきたサン・パシフィック・カレッジ。 より上質な英語教育を提供するべく、2011年に校舎をケアンズ市内から郊外へと移転し、さらにパワーアップを遂げました。新校舎は東京ドーム1/4程の広大な敷地を有し、スタッフも共同生活を送る地域密着型の「オンキャンパス型語学学校」として、地元オーストラリア人に親しまれています。 恵まれた学習施設や自然溢れる周辺環境についてご報告する前に、まずはSun Pacific Collegeの3つの特徴をご紹介しましょう。 グレートバリアリーフの玄関口として国内外から年間200万人を超える観光客が訪れるケアンズ。今回、位田カウンセラーが1週間の体験留学をしたのは、ケアンズで唯一のキャンパス型語学学校Sun Pacific College(通称SPC)。もともと小学校として使われていた校舎には学生寮はもちろんプール、テニスコートなど...生活に必要な施設が全て揃っています。

ó ポイント
  • 2つの世界遺産が側にある最高級のロケーションと施設
  • 本気の留学生を応援する独自システム
  • ニーズに合わせた便利な滞在の選択

サン パシフィック カレッジ 視察レポートの場所や付近の様子

フォトギャラリー

1週間の体験留学がこんなにも英語漬けの毎日になるとは想像していませんでした。 最近は多くの学校で行われているEnglish Only Policyですが、SPCが他の学校と一線を画すのは、その適用範囲。 SPCはキャンパス型語学学校なので、朝起きてから寝るまで全てが英語での生活となります。 しかもケワラビーチ全域でこのルールが適用されるため、本当に日本語で話せるチャンスがありません。 滞在中に生徒達が身ぶり手ぶりで必死に会話をしている姿を目の当たりにし、SPCに留学すれば絶対に英語が伸びると確信できました。 もちろん厳しいだけがSPCの特徴ではありません。 大家族のようなアットホームさも兼ね備えており、先生や学校スタッフだけではなく、卒業生もインターンとして寝食を共にしています。 校内を自由に駆け回っている「チビ」はSPC育ちの人気者。名前とは裏腹に英語しか通じないのでEnglish Onlyでお願いします! 最後に… 「ケアンズって日本人多いのかな?」 「日本人多いところって英語伸びないですよね・・・?」 というご質問をたくさんいただきます。 しかしそれは大きな間違い。大事なことは『学習環境』と『自分の意思』です。 SPCには英語を上達するための設備と学習意欲の高い生徒さんが集まっています。 留学が心配な方、使える英語を身につけたい方、最高の留学生活を送りたい方はぜひSPCへ!

この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでいます

\ あなただけのオリジナル留学がきっと見つかる /

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

まずはカウンセラーに相談しよう!

みなさん、留学カウンセリングってどんなことをすると思いますか?   留学が初めての方は、留学そのものやどのように留学先を決めればいいか分からない方も多いはずです。体調がおかしいと思ったら病院へ行くように、「留学ってどんなものがあるの?」「私に合った国ってどこ?」というみなさんの些細な疑問や不安をひとつひとつ解決するのが留学カウンセリングです。

留学相談はこちら

CONTACTお気軽にご相談ください

0120-036-177
( 営業時間/11:30-20:30 年中無休 )

トップに戻る