大学生のうちに留学しておきたい3つのメリット

大学生活は社会人になる前の自由な時間。なんとなく過ごすより、有意義に時間を使って今しかできない体験を海外でチャレンジしてみませんか?大学生のうちに留学しておくとプラスがいっぱい。大学生で留学したら何がメリットなのかを徹底解析!

 

(1)海外にたくさん友達を増やしてネットワークを広げよう!

留学の1番のメリットは、海外に友達や第2の故郷(ホストファミリー)ができてネットワークが広がること。留学先の語学学校にはさまざまな国籍の学生がいるので色々な価値観の意見を聞けたり、グローバルな視点で物事を捉えられるようになったり、海外の人々との交流によって新しい気づきや出会いがたくさんできるでしょう。留学後は友達を訪ねて色々な国に旅行に行けるのも大きなメリットです。留学先でできた人脈が、将来のビジネスにつながることも!

 

(2)今しかできない体験を

大学生は自分のために自由に使える貴重な時期。特に就活が始まる3年生までに一度海外に出て異文化体験したり、英語力アップしたり、観光スポットや海外でおしゃれなカフェ巡りをしたり、新たなチャレンジで自分を高めよう!1週間から気軽に行ける短期留学から、ダンスやフラワーアレンジメントなどのおケイコ留学、大学で聴講するプログラムも。自分の武器(強味)を作れるチャンスです。

 

(3)やりたいことが見つかる!?

大学生の悩みのひとつ、「就活」。やりたいことが見つからない、どういう仕事に就いていいかわからない、という方も多いのではないでしょうか?留学先で刺激を受けたら、その国に関わる仕事がしたいと思う留学生も。例えば、カフェ文化が根付いているメルボルン(オーストラリア)に行けば、カフェやレストランなどのバリスタやカスタマーサービスに興味が出てきたり、リゾート観光業が盛んなセブ(フィリピン)やマルタに行けばホテル・旅行会社・航空関係など。また、限られて国になりますが、ワーキングホリデー制度を使って留学すると、現地で就労体験(アルバイト)が可能です。実際に現地でアルバイトをしてみるのも、自分の英語力や接客スキルを試すこともできます。
留学は将来何になりたいかどんな分野が自分に合っているかヒントをくれる経験になるでしょう。

▼大学生の留学についてもっと知りたい!という方はこちらからお問合せください。
➝➝➝無料資料請求
➝➝➝無料留学カウンセリング予約