イギリス留学中にプレミアリーグを見るなら…

2021年9月13日

プレミアリーグを観戦するロンドン留学

2021年9月11日、アーセナルFCの本拠地エミレーツスタジアムで行われた対ノリッジ戦において、日本代表DF冨安健洋選手が日本人選手として通算10人目のプレミアリーグ出場を果たしました。開幕3連敗中とチームは絶不調な中でDFとして加入し、完封で今季初勝利という結果をもたらしたことでサポーターからも好意的に迎えられているようです。

プレミアリーグといえば世界中に10億人以上の視聴者が存在し、選手の平均年俸が4億円を超える人気実力ともに世界最高峰とっても過言ではないリーグです。そんなプレミアリーグには現在アーセナルの冨安選手のほか、2019-20シーズンのチャンピオンチーム・リヴァプールFCに南野拓実選手が所属しており、競合2チームに日本人が所属するという数年前には想像もできなかったような状況が現実のものとなっています。

それでは、イギリス留学中にプレミアリーグを観戦するには、どこに留学するのが最適なのでしょうか?

やはりおすすめは王道のロンドン

言わずとしれたイギリスの首都ロンドンは、サッカー観戦を目的とした留学においても最適な都市です。その理由として挙げられるのがプレミアリーグに所属するチーム数の多さ。ロンドン周辺には数多くのクラブチームの本拠地があり、2021-22シーズンには5つのロンドンを拠点とするチームが参戦しています。

2021-22年シーズンのプレミアリーグ在籍チーム

  • ・アーセナルFC
  • ・チェルシーFC
  • ・トッテナム・ホットスパーFC
  • ・ウエストハム・ユナイテッドFC
  • ・クリスタル・パレスFC

チーム数が多いということはそれだけ試合観戦できる機会が多いということ。チームにこだわらなければほぼ毎週のようにプレミアリーグの試合を観戦することができます。

ただしアーセナル、チェルシー、トッテナムは“BIG6”と呼ばれるプレミアリーグを代表する6チームに名を連ね、毎年熾烈な優勝争いを繰り広げる世界屈指の人気チームのため、ホーム戦のチケット購入には少し苦労するかもしれません。

そんな時は、ウエストハムやクリスタルパレスの試合を狙ってみると良いでしょう。ロンドンのチームだけではなく南野選手が所属するリヴァプールやマンチェスターU/シティなど人気チームのアウェイ戦が見られるかもしれません。

どうやってスタジアムに行けばいい?

ロンドンの地下鉄マップ

試合観戦の際にまず最初の関門となるのが電車を使っての移動。ロンドンっ子が足早に闊歩する都会の改札で、毎回降車駅を確認してチケットを買うというのは到着したばかりの留学生にとっては非常にストレスを感じるもの。次第にスタジアムから足が遠のいてしまうかもしれません。。

また、ロンドンの交通網は中心部から同心円状に9つのゾーンに分かれおり、料金は移動距離ではなく、どのZoneからどのZoneまで乗ったかにより変動します。そのため、応援しているチームと真逆のエリアに滞在先がある場合、試合の度に往復2,000円近い交通費がかかってしまうことも…

ロンドン移動の必須アイテムオイスターカード
そんなことにならないよう、ロンドンに到着したらまず”オイスターカード”をゲットしましょう。オイスターカードは日本のSUICAとほぼ同じ交通系ICカードで、事前にチャージさえしておけば降車駅までの料金を確認することなくスマートに地下鉄を利用することができます。 しかも乗車賃は現金払いの50%OFF!これは使わない手はありません。(ちなみにロンドンのバスは現金払いは不可なのでオイスターカードは必須、料金は一律1.5ポンドです。)オイスターカードは駅の窓口やコンビニなどで購入することができます。
ゾーン 切符 オイスターカード(ピーク料金)
1のみ £4.90 £2.40(£2.40)
1~2間 £4.90 £2.40 (£2.90)
1~3間 £4.90 £2.80 (£3.30)
1~4間 £5.90 £2.80 (£3.90)
1~5間 £5.90 £3.10 (£4.70)
1~6間 £6.00 £3.10 (£5.10)

学生寮はアクセスの良いZONE1-2に集中していますが、ホームステイ先はZONE3-4になることが一般的です。ただし、同じZONE4内でも東西南北で広域に広がっているため、目当てのスタジアムと真逆のホームステイなってしまうことも…。留学相談をする際は滞在先の希望エリアもリクエストしてみると良いでしょう。※希望が叶わないケースもございますのでご了承ください。

次の項目では各スタジアムへのアクセスをより具体的にご紹介します。

チーム情報

チーム①アーセナルFC(エミレーツスタジアム)

  • ウェブサイト:https://www.arsenal.com
  • 住所:Hornsey Rd, London N7 7AJ イギリス
  • エリア:ロンドン北部
  • アクセス:地下鉄ピカデリー線アーセナル駅から徒歩5分
  • プレミアリーグでは2003-04シーズンの無敗優勝を含む3回、FAカップでは史上最多となる14回の優勝記録を誇るイングランド屈指の名門。「ガナーズ(Gunners)」の愛称で知られ、サポーターは「グーナー(Gooner)」と呼ばれています。

チーム②チェルシーFC(スタンフォードブリッジ)

  • ウェブサイト:https://www.chelseafc.com
  • エリア:ロンドン西部
  • 住所:Fulham Rd, London SW6 1HS イギリス
  • アクセス:地下鉄ディストリクト線フラムブロードフェイ駅から徒歩3分
  • ブルーズ(Blues)の愛称で知られ、2003年にロシア人の富豪アブラモヴィッチ氏がオーナーに就任して以降、豊富な資金力を活かしてプレミアリーグの強豪クラブとなったチェルシー。高級住宅地の中にスタジアムがあるため富裕層のファンが多い。

チーム③トッテナム・ホットスパーFC(トッテナムホットスパースタジアム)

  • ウェブサイト:https://tottenhamhotspur.com/
  • エリア:ロンドン北部
  • 住所:782 High Rd, London N17 0BX イギリス
  • アクセス:国鉄ホワイト・ハート・レーン駅から徒歩5分

1978年からプレミアリーグに所属し続ける強豪クラブ。同じロンドン北部に本拠地を置くアーセナルとは長年ライバル関係にあり、両者の対戦はノース・ロンドン・ダービーと呼ばれています。愛称はスパーズ(Spurs)。2019年には新スタジアム『トッテナム・ホットスパー・スタジアム』を開場しました。

チーム④ウエストハム・ユナイテッドFC(オリンピックスタジアム)

  • ウェブサイト:https://www.whufc.com/
  • エリア:ロンドン東部
  • 住所:〒E20 2ST London, ロンドン
  • アクセス:地下鉄ジュビリー線とセントラル線のストラットフォード駅から徒歩13分
  • ロンドンっ子の象徴とされるコックニー訛りが飛び交う東ロンドンに本拠地を構えています。 ウエストハムは育成に実績のあるユース組織を備えており、有望な若手を発掘、育成し、ビッグクラブへ放出するという「売り手」チームです。愛称はハマーズ(Hammers)またはアイアンズ(Irons)

チーム⑤クリスタル・パレスFC(セルハーストパーク)

ホームスタジアムであるセルハーストパークは収容人数2万6千人程の小さなスタジアムですが、サポーターの熱狂ぶりはプレミアリーグの中でも有数といわれています。愛称はイーグルス(Eagles)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冨安選手の契約期間は明かされていませんが、現地報道によると2025年6月末までの5年契約+1年間の延長オプションが付帯ということですので、これから数年以内にロンドンへの留学を検討している方はアーセナルのユニフォームを着て活躍する冨安選手の姿を生で見られる可能性は高いでしょう。

今回は冨安選手の移籍直後という事で、ロンドン周辺のチームを中心にご紹介しましたが、もちろんマンチェスターやリヴァプールの語学学校もご紹介可能です。また、現地で実際にサッカーをしたいという方には英語+サッカープログラム、サッカーに関わる仕事がしたいという方にはスポーツマネージメント留学もご紹介可能です。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。


参考リンク:

この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでいます

\ あなただけのオリジナル留学がきっと見つかる /

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

まずはカウンセラーに相談しよう!

みなさん、留学カウンセリングってどんなことをすると思いますか?   留学が初めての方は、留学そのものやどのように留学先を決めればいいか分からない方も多いはずです。体調がおかしいと思ったら病院へ行くように、「留学ってどんなものがあるの?」「私に合った国ってどこ?」というみなさんの些細な疑問や不安をひとつひとつ解決するのが留学カウンセリングです。

留学相談はこちら

CONTACTお気軽にご相談ください

0120-036-177
( 営業時間/11:30-20:30 年中無休 )

トップに戻る