- ウインテックマガジン -

スペイン留学特集Vol.3「パエリアは昼の食べ物!」

Hola!

ウインテック留学センターの村上です。

前回はお昼寝の習慣【シエスタ】についてお話しましたが、

今回はそんな彼らのお食事について。

スペインと言えば『食』というイメージが強い人も多いと思いますが、

実は彼ら、1日に5回お食事の時間があるのです。。。5回!?!?

 

1食目【Desayuno(デサジュノ)】

朝食。軽めに食べます。

冬の寒い日には、日本でもおなじみの“チュロス”という砂糖をまぶした棒状のドーナツをホットチョコレートにつけて食べるのもスペインの代表的な朝ごはんです。

 

2食目【Almuerzo(アルムエルソ)】

これ、本当に謎です。笑

昼食?と言っていいんでしょうか。中南米では昼食として使われる言葉ですが、

スペインだと朝食と昼食の間のお食事。

正午頃に、“ボカディージョ”と呼ばれるフランスパンのサンドイッチを食べたりします。

 

3食目【Comida (コミダ)】

やって参りました。1日のメイン。昼食です。

シエスタの時間に食べるのでゆっくり時間をかけてサラダ・メイン・デザート等食べます。

ちなみにパエリアはお昼に食べます、というか夜は絶っ対に食べません!!!

食事の時間の関係やお昼がメインだからなど諸説ありますが、私の住んでいたシェアハウスの大家さんは、

「パエリアを?!夜に?!食べるの(゜o゜)?!ありえない!不幸になる!」とか言って縁起が悪いからと言ってました。(すごくオーバーでスペイン人ぽいなと思いました)

夜食べるのは日本人くらいなんですね~

 

4食目【Merienda (メリエンダ)】

おやつまたは軽食の夕ごはんです。

 

5食目【Cena (セナ)】

最後のお食事。21時もしくは22時頃になることも。夜おでかけしてレストランに食べに行く場合などは別ですが、お昼にしっかり食べるので軽めなことが多いです。

 


と、こんな感じでお食事タイムがめちゃくちゃです。

なので日本人の留学生のみなさんは最初馴染むのに少し時間がかかるかもしれませんね。

 

次回は引き続き食文化についてですが、美味しいお話です~(*^_^*)

 

では、Hasta pronto!(またね!)

 

<バックナンバーはこちらからご覧いただけます>

●このブログを書いた留学カウンセラー●
村上今日子(東京オフィス)村上 今日子(東京オフィス)
スペインで語学留学をしてきた村上カウンセラー。
落ち着いた雰囲気ではありますが、情熱の国スぺインで学んだのは語学だけでなく、熱い闘志も!気持ちの入ったカウンセリングが評判です。

この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでいます

\ あなただけのオリジナル留学がきっと見つかる /

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

COUNSELING 「留学なんでも相談」に行こう。

まずはカウンセラーに相談しよう!

みなさん、留学カウンセリングってどんなことをすると思いますか?   留学が初めての方は、留学そのものやどのように留学先を決めればいいか分からない方も多いはずです。体調がおかしいと思ったら病院へ行くように、「留学ってどんなものがあるの?」「私に合った国ってどこ?」というみなさんの些細な疑問や不安をひとつひとつ解決するのが留学カウンセリングです。

留学相談はこちら

CONTACTお気軽にご相談ください

0120-036-177
( 営業時間/11:30-20:30 年中無休 )

トップに戻る