オーストラリア国旗 ワーキングホリデー(オーストラリア)

ワーキングホリデー(オーストラリア)

1980年にスタートし、毎年1万人以上が参加しているオーストラリアワーキングホリデー。
オーストラリア国内で就学、就労、旅行と自由に過ごせる特別な制度です。
基本的には1年間のビザですが、2年間に延長または2回目のワーキングホリデーが申請できるセカンドワーキングホリデー制度を利用することが可能です。
セカンドワーキングホリデーを申請するには3ヶ月以上指定された仕事(季節労働)で働く必要があります。
さまざまな国からくるワーホリメーカーが働いているため、英語のみの環境で過ごすことができます。
また、シドニーやブリスベンなどの都市でアルバイトをするには、中級レベルの英語力があると有利です。
語学学校では英語力に加えて、履歴書の書き方と面接の仕方を予習しておきましょう。
オーストラリアワーキングホリデーは語学力を上げたい方や、できるだけ長く海外に滞在したいという方におすすめです。

~勉強する~
【オーストラリア・ワーキングホリデー 1日のスケジュール例】

7:00  起床・朝食を作る
7:30  朝食
9:00  語学研修
12:00 学校または学校周辺でランチ
13:00 語学研修
15:00 シドニーでショッピング
17:00 レストランでアルバイト
21:00 アルバイト仲間とバーで夕食
22:30 帰宅・宿題
24:00 就寝

~働く~
【可能なアルバイト例】

・カフェ
・レストラン
・日本人観光客向けのツアーガイド
・農場(ファーム)
・免税店やみやげ物屋

~旅する~
【ラウンドで人気の街】

・シドニー
・メルボルン
・グレートバリアリーフ
・ケアンズ
・パース
・アデレード
・ダーウィン

【参加資格】※1回目のワーキングホリデービザ申請の条件
■日本の国籍で日本のパスポートをを有すること
■申請書受理時点で、18歳以上30歳以下であること (申請日に31歳になっていないこと)
■申請日およびビザ発給日にオーストラリア国外にいること
■12ヶ月以上滞在する意志がないこと
■以前にオーストラリアワーキングホリデー就労許可通知書の発給を受けていないこと
■滞在期間中の生活費や往復の旅費に十分な資金を有すること(原則5,000オーストラリアドル以上)
■心身ともに健康な方
■子どもを同伴しないこと
■同じ雇用先で働けるのは6ヶ月以内
■学校に通えるのは4カ月以内
(2011年12月現在)

※ウインテックではひとりひとりに合ったオーストラリア・ワーキングホリデープログラムを提案しています。
ワーキングホリデーをご希望の方はこちらからお問い合わせください。

ワーキングホリデー(オーストラリア)

留学スタイルアイコン オーストラリア-ワーキングホリデー
スタイル一覧

Found in what you want to do and a purpose

プラン紹介アイコン オーストラリア-ワーキングホリデー
スクール視察レポート・スクールデータ

Found in what you want to do and a purpose

オーストラリアのワーキングホリデーで手配可能なその他の学校一覧


留学したい国から探すアイコン

留学したい国から探そう!
Found in what you want to do and a purpose

あなただけのオリジナル留学プランがつくれる!まずはカウンセラーに相談しよう!

「留学なんでも相談」に行こう!

みなさん、留学カウンセリングってどんなことをすると思いますか?

留学が初めての方は、留学そのものやどのように留学先を決めればいいか分からない方も多いはずです。体調がおかしいと思ったら病院へ行くように、「留学ってどんなものがあるの?」「私に合った国ってどこ?」というみなさんの些細な疑問や不安をひとつひとつ解決するのが留学カウンセリングです。

留学なんでも相談ってなに?

カウンセラーへの
留学なんでも相談は
4ヶ所で行えます!