Tamwoodサマーキャンプ 視察レポート | 海外スクール現地視察レポート

Top>海外スクール現地視察レポート>Tamwoodサマーキャンプ 視察レポート

Tamwood (タムウッド)キャンプ 視察レポート

訪問地:
(アメリカ)
 ロサンゼルス
(カナダ)
 バンクーバー
期間:
2014年7月6日~7月12日
担当:
芝原
tamcamp5.jpg

カナダ3都市(バンクーバー・ウィスラー・トロント)に校舎を構える語学学校のタムウッド。
1992年に創業者のマシュー・コリンウッド氏と総責任者のタムシン・プラクストン氏によって設立されたのが、その名の由来です。
今でこそ大人向けの英語コース等、幅広い事業運営に携わっていますが、元々はジュニア向けのサマーキャンプを専門に扱っていた学校です。

タムウッドのキャンプの特徴はリピーター率の多さ。毎年1,000人を超えるお子さんがキャンプに参加する中、大半の方が翌年以降もタムウッドを選んでいます。
今回の視察では特に人気が高いロサンゼルスとバンクーバーのサマーキャンプに同行。世界中の子供たちをとりこにする、その魅力に迫ってきました。各キャンパスの様子をお伝えする前に、まずはタムウッドキャンプの特徴についてご紹介しましょう。

選ばれる理由 ~その1~
5都市で開催される北米最大規模のサマーキャンプ

tamcamp1.jpg tam14.jpgのサムネイル画像 tm8.png

タムウッドキャンプは毎年規模を拡大し、22年目となる今年は北米5都市での開催となりました。 特筆すべきは利用する施設の水準の高さ。UCLAやトロント大学を始め、各都市の名門大学を利用し、将来の進学留学に向けた下見留学としても利用されています。

各キャンパスの特徴を挙げると・・・

●ロサンゼルス(UCLA:カリフォルニア大学ロサンゼルス校に滞在)●
アメリカを代表する名門校でキャンパスライフを体験。ディズニーランドやユニバーサルスタジオへの遠足が魅力。
>>>視察ページはこちら

●サンフランシスコ(サンノゼ州立大学に滞在)●
アメリカ人も憧れる西海岸随一の安全な街で、大リーグ観戦やシリコンバレー訪問など。

●バンクーバー(サイモンフレーザー大学に滞在)●
海と山に囲まれた街バンクーバーで自然と都市生活が調和したカナダ西海岸ならではの生活を体験。
>>>視察ページはこちら

●トロント(トロント大学に滞在)●
カナダ最大の都市トロントでは博物館見学でカナダの歴史に触れつつ、アメリカ文化の大リーグやNBA観戦も。

●ウィスラー(ウィスラーリゾートの宿泊施設を利用)●
雄大な自然の中、2010年冬季オリンピックの開催地となった世界的なリゾート地でアウトドア・スポーツ三昧。
年々申込む時期がどんどん早まり、1年前から予約する"ツワモノ"もいるサマーキャンプ。
夏休みシーズンの渡航は出発日が限られるため、早めの行動こそが成功のカギとなります。

選ばれる理由 ~その2~
資格を持ったカウンセラーが24時間徹底サポート

tamcamp3.jpgのサムネイル画像 tamcamp9.jpg tamwood4.jpg

大切なお子さんを預ける上で、キャンプ中どのようなスタッフが接するのか気になるところ・・・。

タムウッドではスタッフ全員にファーストエイド(応急処置)の資格取得が義務付けられています。キャンプ開始前には長年働くベテランスタッフも含めて、様々な自己やトラブルを想定したトレーニングも行っているとのこと。
「子供達への愛情」や「教育に対する熱意」をはじめとする人間力を基準に選考するのはもちろんですが、その後のスタッフ研修にも余念がありません。

キャンプ中は少人数のグループ(小学生、中高生)に分かれ、つねにグループで行動するよう義務づけられています。
各グループには専属のキャンプカウンセラーが同行し、24時間一緒の時間を過ごすのです。
ささいな事でも気軽に相談できるよう、徹底した配慮がなされています。

さらにキャンプ期間中は看護師も駐在し、万全の体制で生徒の健康管理に気を配っているタムウッドキャンプ。
日本から見守るご家族や私達エージェントにとって、もっとも安心できるキャンプと言えるでしょう。

選ばれる理由 ~その3~ 
"語学だけじゃない。あらゆる面での成長を後押し

tm7.png tamcamp7.jpg tc15.jpg

タムウッドが一般的なサマーキャンプと一線を画すのは学校の本質にあります。

語学学校から派生したものが多い一般的なサマーキャンプとは異なり、「子供たちが安全に楽しく英語を学べるサマーキャンプの提供」を目的に設立されたタムウッドは徐々に評判を呼び、2014年現在は北米5都市でサマーキャンプを行い、満席のキャンパスが出るほどの好評を博しています。

その理由の1つとして挙げられるのが、英語の勉強だけではなく、社会のルールも同時に学べる、3つの"R"ルール。

●Respect yourself(自身の尊重) ●
キャンパーは 年齢に応じた適切な行動と自己管理を求められます。(身の回りの整頓や清潔を保つこと、睡眠を充分にとること、適切な服装を身につける、等)

●Respect others(他人の尊重)●
キャンパーは他のキャンパーだけでなく、カウンセラーやすべての人々の立場で物事を考えることが求められます。

●Respect the environment(自然・施設の尊重)●
タムウッドキャンプは美しい観光地・自然や施設を利用します。キャンパーたちだけでなく、これから訪れる次世代の子供たちへもこの素晴らしい街と施設を楽しんでもらうため、環境保護の精神を大切にしています。


これらを通して毎年多くの生徒たちが思いやりの気持ち、協調性、積極性、自己主張などを育み...自立への第一歩を踏み出しています。

視察したキャンパス一覧


ロケーションをクリックすると、レポートの詳細をご覧いただけます。


  • Tamwoodサマーキャンプ 視察レポート

ページトップへ