海外スクール現地視察レポート | 留学を本気で考える!留学情報ならウインテック留学センター

Top>海外スクール現地視察レポート>Tamwood バンクーバー キャンプ

Tamwood バンクーバー キャンプ

Tamwood バンクーバー キャンプ

世界一住みやすい都市ランキングで毎年上位に選ばれるバンクーバー。 自然と都会がバランスよく融合した街並みが,
訪れるすべての人々を魅了します。 バンクーバーで行われるキャンプは毎週約200~300名の子供たちが参加する、タムウッドの中でも最大規模のサマーキャンプです。 ここでは毎年好評を博しているバンクーバーキャンプのアクティビティや寮の様子について詳しくご紹介しましょう。

お問い合わせはこちら

ロケーション(SFUについて)

Tamwood バンクーバー キャンプ Tamwood バンクーバー キャンプ Tamwood バンクーバー キャンプ

タムウッドキャンプはBC州(ブリティッシュコロンビア州)を代表する名門校、サイモンフレーザー大学のキャンパスを利用して行われます。
サイモンフレーザー大学は環境学やビジネスに特化しており、カナダの総合大学ランキングでも常に上位にランクインすることで知られています。
1965年に創設された比較的新しいキャンパスは広すぎず、シンプルな構造で子供たちにとっても親しみやすい印象を受けました。

2010年に冬季オリンピックが行われたことで福祉や医療、教育、公共設備など、飛躍的に向上したバンクーバー。
世界中から様々な人種が集まるカナダ第3の都市は、留学生への理解も深く、分かりやすい英語を話してくれるのが人気の理由です。

バーナビー山の頂にあるキャンパスは、周りが緑に囲まれていながらダウンタウンまで車で20分と気軽にアクセスできる距離。
本キャンプはカナダならではの大自然と都市部、両方の良さを満喫できるキャンプといえるでしょう。

キャンプの様子

Tamwood バンクーバー キャンプ Tamwood バンクーバー キャンプ Tamwood バンクーバー キャンプ

他都市よりも催行期間が長いバンクーバーキャンプ。(2014年は6月29日から8月10日まで)
7月末から夏休みが始まる日本人学生にとって、少しでも長く滞在できるのは嬉しいところです。

校内で行われるアクティビティはアスレチック(運動)、クリエイティブ(創造)、アドベンチャー(冒険)、ウォーターフロント(水遊び)の中から毎回好きな種目を選べます。
カヤックやマウンテンバイクなど…大自然を満喫できる種目が多い…がバンクーバーキャンプの特徴です。

SFUキャンプの種目例:
【アスレチック】
サッカー・バスケットボール・ラクロス・バレーボール・ストリートホッケー・テニス・バドミントン・アメリカンフットボール
【クリエイティブ】
アート&クラフト・ペインティング・刺繍・ダンス・演劇
【アドベンチャー】
マウンテンバイク・ハイキング
【ウォーターフロント】
カヤック・水泳

終日遠足の主な行き先は・・・

●バンクーバー水族館●
スタンレーパーク内にある水族館。なかでもベルーガと呼ばれるシロイルカは子供たちに大人気!
●キャピラノ吊り橋●
地上137メートルに架けられた吊り橋はまさに空中散歩!スリル満点のアクティビティです。
●ウィスラー日帰り旅行●
北米最大規模スキーリゾート・ウィスラーでは、ギネス記録を持つケーブルカーに乗ってどこまでも広がる雄大な山々を見渡すことができます。

英語レッスンの様子はUCLAキャンプをご覧ください。

学生寮の様子

Tamwood バンクーバー キャンプ Tamwood バンクーバー キャンプ Tamwood バンクーバー キャンプ

子供たちが滞在するのは大学のキャンパス内にある学生寮。
SFUでは一人一人に個室が用意され、カギ付きの部屋にはベッドやデスクのほか、冷蔵庫も完備されていて非常に快適です。
洗濯は専用バッグを使用し、1人分ずつ洗濯機が回されるため、Tシャツ1枚のみの洗濯は水がもったいないので禁止されているんだそう。

食事は他のキャンプと同じくビュッフェスタイル。
ベーグルやサラダ、チキンにピザなど・・おいしく栄養バランスが考えられた食事に子供達も大満足の様子でした。


また、カナディアンファミリーと交流したい方向けに、「ホームステイ滞在」という選択肢もあります。
放課後や週末をネイティブと過ごす事で、コミュニケーション力のさらなる向上が期待できるかも。
ただし、平日は夜のアクティビティが始まる前に帰宅するため、同年代の友達と一緒の時間を多く持ちたいお子さんには学生寮滞在がおすすめです。

視察したカウンセラーのつぶやき

Tamwood バンクーバー キャンプ Tamwood バンクーバー キャンプ Tamwood バンクーバー キャンプ

今回2つのキャンプに参加し、比較できたことで非常に有意義な視察になりました。

同じタムウッドキャンプなので、一日の流れやカウンセラーの仕事、安全面に違いはありませんが、好対照だったのが設備とアクティビティ。
広大な敷地でどこへ行くにもカードキーが必要なUCLAに比べ、程よい広さとセキュリティのSFUは子ども達が自由に過ごすのにちょうど良い環境といえるでしょう。
また、SFUは自然と触れ合うアクティビティが多く、どこへ行くにも移動時間が短いのがメリット。
あまりお金がかからず、地域密着型のアクティビティが多いため、海外が初めてのお子さんに打ってつけのキャンプです。

また、都会も大自然も味わいたい!という欲張りなお子さんにはこんな組合せも。

【ウィスラーキャンプ+バンクーバーキャンプ】

2つのキャンパスは車で2時間弱の距離なので組合せOK。しかも追加料金なしで移動時の引率もしてくれます。少し長めに滞在される方なら2キャンパスの異なる魅力を体感してみてはいかがでしょう。

その土地の魅力を活かし、様々なニーズに応えてくれるタムウッドキャンプ。
こんなに充実しているキャンプは他にはありません!


★この視察をした芝原カウンセラーに相談したい方はこちらへ★
※コメント欄に【芝原カウンセラー希望】とご記入ください。



もっと写真が見たい方はこちら

  • Tamwood バンクーバー キャンプ

ページトップへ

  • Tamwood バンクーバー キャンプ

ページトップへ

  • Tamwood バンクーバー キャンプ

ページトップへ