海外スクール現地視察レポート | 留学を本気で考える!留学情報ならウインテック留学センター

Lexis English, Noosa

Lexis English, Noosa

ブリスベンからバスで1時間半。海辺の高級リゾートとして知られるヌーサは、観光だけでなく留学にも最適な街です。周りに日本人が少ないので、短期間で英語の上達を目指す方に自信を持っておすすめしています。


山﨑は今回、Lexis ヌーサ校で1週間の「語学留学」を体験してきました。生徒と同じように英語の授業に出席し、ホームステイに滞在するなど、ヌーサ生活を大満喫。皆さんにも等身大の"ヌーサの魅力"をお披露目したいと思います。

お問い合わせはこちら

ロケーション(街の様子)

Lexis English, Noosa Lexis English, Noosa Lexis English, Noosa

オーストラリアの「ゴールドコースト」が世界で有名なビーチリゾートだとしたら、「ヌーサ」はローカル人(オージー)のためのリゾート地。日本ではまだまだ馴染みのない地名ですが、現地では誰もが知っているバカンス先なんです。(日本で例えるなら"軽井沢"でしょうか)

リゾート色とのんびりした田舎の雰囲気が共存する街・ヌーサは、大きく4つのエリアに分かれています。

【ヌーサヘッズ】
多くの観光客で賑わう「メインビーチ」のあるエリア。お土産店やホテル等、新しい建物が集中しています。
【ヌーサビル】
ローカル色の強いレストランが密集しているエリア。
【ヌーサジャンクション】
学校があるのはここ。周りに映画館やスーパーマーケットが揃い、他エリアに比べ留学生を多く見かけます。
【サンシャインビーチ/サンライズビーチ】
留学生を受け入れるホストファミリーが暮らすエリア。ビーチまで徒歩圏内で、敷地の広い高級住宅も目立ちます。

ちなみに、ヌーサは街の景観を崩さぬよう、3階建てより高い建物の建造が禁止されています。そのおかげでしょうか。街を散策していて、「開放感」が途切れることは一切ありませんでした。
また、【Noosa National Park】という国立公園へ行くと、運が良ければ野生のコアラに出会えます。最近ではオーストラリアでも「野生コアラ」に出会えるチャンスがめったになくなってしまったので、ぜひ足を運んでみてください。

スクールの特徴

Lexis English, Noosa Lexis English, Noosa Lexis English, Noosa

ヌーサ校の目印は、「黄色い屋根」。バス停から降りるとその明るいカラーがすぐ視界に飛び込んできます。キャンパスの隣にはこちらもカラフルなフルーツショップ。ランチタイムにお世話になる確率が高くなりそうです。

現在(2013年11月)のヌーサ校の学生数は、約200人。
実はLexis、ヨーロッパの学生割合が多いスクールとして業界内では知られています。その中でも断トツにヨーロピアン率の高いキャンパスがここヌーサ校。常時全体の7-8割はヨーロッパ勢(主にスイス、フランス、ドイツ、ベルギー、チェコ)で占められていて、日本人の姿を見つける方が難しいくらいなんです。
※僕が滞在していた期間(1週間)にお見かけした日本人生徒さんはわずか5人でした。

ヌーサ校は短期間に集中して英語を学ぶ生徒さんと、ワーキングホリデーで仕事を始める前に英語を身に付ける生徒さんが多く在籍しています。オーストラリアの大学・専門学校への進学を目指して留学する生徒さんは、姉妹校であるサンシャインコースト校に集中するようです。
ヌーサの生徒たちの学習目的は多岐に渡っているため、先生たちは初日のオリエンテーションの際に入念なヒアリングを行います。生徒の弱点部分やどういった分野を伸ばしたいかをしっかりと把握し、授業に生かすよう日々努めているのです。

アクティビティ(課外活動)

Lexis English, Noosa Lexis English, Noosa Lexis English, Noosa

豊かな自然に囲まれているヌーサでは、学校行事も盛んに行われています。一例をご紹介すると・・・

・ヌーサ国立公園の散策
月曜に行われることが多いイベント。学校初日はスニーカー+軽装での登校がおすすめです。
・ステューデントナイト
木曜夜に近くのパブで行われる"飲み会"。生徒だけでなく先生やスタッフも参加し、生徒向けにはピザやおつまみが無料で提供されます。(時間制限有)
・サッカー
Lexisには公式の「サッカーチーム」があります。たまに地元の大会へ出場する事もあるんだそう。
・料理クラブ
何しろ日本人の生徒が少ないので、和食レシピを紹介できると人気者になれるかも。

但し、アクティビティに参加できるのは「終日(フルタイム)コース」を受講される生徒さんに限られます。「半日(パートタイム)コース」の方はご注意ください。

滞在先(ホームステイ)

Lexis English, Noosa Lexis English, Noosa Lexis English, Noosa

高級リゾート地であるヌーサには、生活に余裕のあるホストファミリーの姿が目立ちます。早めにリクエストを出しておけば「オーシャンビュー&プール付の一戸建て」に滞在する事だって夢ではありません!また、ほとんどのファミリーが単なる"ビジネス"目的ではなく"楽しみ"ながらホームステイ先を提供していらっしゃるようで、皆さん本当に親身に接してくれます。

僕のホストファミリーもその一人。
今回滞在させてもらったのは、おばあちゃんが一人で暮らしているご家庭です。とても面倒見がいい方で、毎日夕食の後には1時間くらいおしゃべりに付き合ってくださいました。ヌーサ校にはもちろん学生寮も用意されているんですが、僕なら断然ホームステイをお勧めします。

土地柄、ナイトライフを楽しむというより早寝早起きの生活スタイルが基本で、毎朝6時頃には起床します。また、家庭のディナーでメキシコ料理やイタリア料理、ステーキなど多国籍なメニューを味わえるのもホームステイならでは。

視察したカウンセラーのつぶやき

Lexis English, Noosa Lexis English, Noosa Lexis English, Noosa

これまで沢山の生徒さんからLexisヌーサ校の良い評判を聞いてきましたが、実際に滞在してみて、英語力(特にスピーキング)を伸ばす上でヌーサ以上の場所はない、と心底思いました。

とくにヌーサは、こんな学生さんに最適です。

・ホストファミリーとの時間を重視したい方
・多国籍な環境で勉強したい方
・きれいなビーチの近くで生活したい方

日本人の場合、留学先は人気のある都市部に最初から絞ってしまいがち。知名度の低いヌーサは驚くほど日本人学生が少なく、さらにホストファミリーと過ごす時間も多いので、たった1週間でも英語漬けの濃い毎日を送ることができます。

留学中は、スピーキングが得意なヨーロッパの生徒たちに圧倒されるケースが多々あります。(ヨーロッパ学生は英語レベルに関わらず、総じてコミュニケーション力が高いんです)日本にいる間に少しでも喋る練習をしておくと現地に行ってからかなり役立ちますよ。海外旅行で行けない場所だからこそ留学する甲斐があるというもの。この機会にヌーサへ留学してみませんか?


もっと写真が見たい方はこちら

  • Lexis English, Noosa

ページトップへ

  • Lexis English, Noosa

ページトップへ

  • Lexis English, Noosa

ページトップへ