海外スクール現地視察レポート | 留学を本気で考える!留学情報ならウインテック留学センター

Top>海外スクール現地視察レポート>Tamwood International College, Vancouver

Tamwood International College, Vancouver

Tamwood International College, Vancouver

生徒のケアを何よりも重視しているタムウッド。バンクーバーの他の語学学校と比べスクール規模は小さめですが、その分手厚いサポートが受けられると評判です。


レポート登場2回目となる今回は街・キャンパスの様子はもちろん、学校スタッフ&生徒へのインタビュー、現地サポートオフィス等、さらに盛りだくさんの内容でお届けしたいと思います。

お問い合わせはこちら

キャンパスの近況

Tamwood International College, Vancouver Tamwood International College, Vancouver Tamwood International College, Vancouver

私たちが訪れた9月初旬は日本の大学生の夏休みシーズンということもあり、全体的に日本人留学生が多く見受けられました。(この時期はどこの語学学校も同じような状態になります)

ただ、クラスレベルによってかなり国籍割合に差が出ます。上級レベルともなると日本人は教室内に1-2人くらいしかいません。私がお邪魔したクラスは、ドイツ、イスラエル、ベルギー、スイス、…と、ヨーロッパ圏からの学生さんが非常に多かったのが印象的でした。(大体クラスの6割程)
アジア人学生が大半を占めるバンクーバーの語学学校の中で、ここタムウッドは異色のスクール。いろんな国からバランスよく学生さんが集まっています。

最新スポットは、大人気ブランド『ヴィクトリアズ・シークレット(Victoria's Secret)』のバンクーバー店!2013年8月、学校から歩いてほんの2、3分の場所にオープンしたばかりとあって、平日でも学校帰りに立ち寄る女の子たちで店内はいっぱいでした。

>>>>>さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(2012年の視察レポートへ)

現地deインタビュー① スタッフ・Kazuさん

Tamwood International College, Vancouver Tamwood International College, Vancouver Tamwood International College, Vancouver

授業スケジュールの管理から教師トレーニングまで、幅広く携わっているキャンパスマネージャーのカズさんにインタビューしました。

Q.どんな目的を持った生徒さんが多いですか?
一番は英語力を伸ばしたい学生ですが、国籍によって少し変わります。例えばブラジルからの学生はStudy and Workビザで来る方が多いので、とにかく「仕事をする」のが最終ゴール。アメリカやイギリスで留学生が働きづらいという国際事情の影響からか、最近は多くのブラジル人学生がカナダを選ぶ傾向にあるようです。

Q.バンクーバー校の強みは何ですか?
フレンドリーな環境と国籍バランスです。あとは生徒自身が何を学んでいるか、何をゴールとしているかをきちんと把握したうえでクラスに参加していることです。

Q.タムウッドおすすめのコースは?
「ケンブリッジ英検対策コース」です。ヨーロッパ版TOEIC®とも言うべき"ケンブリッジ英検"は、日本でも少しずつ認知度が高まっていますよね。一度資格を取得すると一生有効なので、進学や就職に向けてチャレンジする生徒さんが多いんですよ。

現地deインタビュー② 生徒・Lucieさん

Tamwood International College, Vancouver Tamwood International College, Vancouver Tamwood International College, Vancouver

ベルギー出身:Lucie Taquinさん【写真・左】

3か月間在学予定のLucieさんに直撃インタビュー!(とても大人っぽいですが、まだ18歳だそう)

タムウッドを選んだ理由は、小規模な学校で、ベルギーのエージェントがお勧めしてくれたからです。
実際に生徒も多過ぎず(現時点での全校生徒数は180人)、アットホームな雰囲気が大好き!授業もとても楽しいです。
放課後は、友達とパブやショッピングへ行ったりして過ごしています。昨日はクラスメイトとビーチへ行きました。
バンクーバーはとてもフレンドリーで色んな人がいるのが好き。ここに来て正解でした!

【番外編】現地サポートオフィス

Tamwood International College, Vancouver Tamwood International College, Vancouver Tamwood International College, Vancouver

オフィスがあるのは、バンクーバー・ダウンタウンの高級住宅街エリア、イエールタウン。周りは街路樹やおしゃれなビルが並ぶ閑静な雰囲気で、午後3時頃になると、学校帰りに宿題やカウンセリングを受けに来る生徒さんが増え始めます。

室内は日当たりがよく、ブランコ(!)やおもちゃ等も用意されていて、小さいお子さん連れの親御さんも長居しやすい空間でした。ひときわ大きな掲示板には、貼り紙がびっしり。求人情報やお稽古レッスン、空室、ルームメイト募集等、留学に役立つ現地情報が満載です。

バンクーバー生活の相談はもちろん、ワーキングホリデーの方には履歴書作成のお手伝いやバイト面接の練習まで指導してくれます。全て日本人スタッフが対応しますので、初めての留学で不安がいっぱいな方や、ジュニア世代の方はぜひご活用ください。

視察したカウンセラーのつぶやき

Tamwood International College, Vancouver Tamwood International College, Vancouver Tamwood International College, Vancouver

(今井)
タムウッドを訪れて感じたことは、学校が生徒のために常に「真剣」であること。そんな恵まれた環境下で学生達もまた意欲的にクラスに参加していました。
特に校内での母国語禁止ルール(English Only Policy)は徹底しており、学校の入り口付近やエレベーター、トイレの中でさえ皆がEnglish Speakerに徹しています。和気あいあいとした雰囲気を満喫しつつも英語をきちんと伸ばしたいと考えてる方にはベストな学校と言えるでしょう。

(桝見)
バンクーバーはなんと言っても過ごしやすい!!
今回の視察で、海外生活を初めて経験する方も安心して過ごせる街だということを再認識しました。空港にも駅にもお店にも、どこへ行っても日本語を話せる人が一人以上は居ます。
また、日本と違って都会なのに自然が豊富。並木道、緑いっぱいの公園、海、山…
田舎は嫌だけどコンクリートジャングルも嫌だ!という方には最適の場所です。
日本食レストラン、ラーメン屋は当たり前。スーパーには豆腐や白菜が普通に売られているし、バス・地下鉄での移動も便利…と、とにかく生活には困りません。

ただし、それだけ暮らしやすい分やっぱり日本人が多いので、覚悟は必要です。
「日本人と極力一緒に行動しない/日本語を話さない」等、常に高い意識を持ち続けることが、留学成功の秘訣です。

もっと写真が見たい方はこちら

  • Tamwood International College, Vancouver

ページトップへ

  • Tamwood International College, Vancouver

ページトップへ

  • Tamwood International College, Vancouver

ページトップへ