海外スクール現地視察レポート | 留学を本気で考える!留学情報ならウインテック留学センター

Top>海外スクール現地視察レポート>クイーンズランド州公立高校(ケアンズ) 

クイーンズランド州公立高校(ケアンズ) 

クイーンズランド州公立高校(ケアンズ) 

日本に最も近く、温暖な気候で過ごしやすいケアンズ。10校近くある公立高校のうち、留学生の受け入れができるのはわずか3校。ブリスベンや他の都市と比べると日本人学生の数は少なく、穴場の留学先となっています。

英語力に不安がある方は、市内にある語学学校に通ってから高校へ進学することも可能だそう。今回訪問してきた3校のスクールをさっそくご紹介しましょう。

お問い合わせはこちら

Cairns State High School

クイーンズランド州公立高校(ケアンズ)  クイーンズランド州公立高校(ケアンズ)  クイーンズランド州公立高校(ケアンズ) 

1917年に開校した歴史あるケアンズ州立高校。市内の中心部という便利なロケーションに加え、ケアンズエリアで最大規模のスクールでもあります。視察した当時の学生数は約1,500人、そのうち留学生は55人(日本人は2人のみ!)でした。

この学校では、最近日本でも注目が高まっている「国際バカロレアコース」を履修することができます。国際バカロレア(略してIB)とは、スイスで設立された国際バカロレア機構(IBO)が認定する教育プログラムのこと。この団体が定めるカリキュラムに沿った授業を受け、試験に合格すると、欧米をはじめ世界各国約2500以上の大学に入学できる資格が得られます。
オーストラリアや日本以外の国での大学進学を視野に入れている学生さんにとって、とても有利なコースと言えるでしょう。
※国際バカロレアについてのさらに詳しい解説は こちら からご覧いただけます。

また、「特別プログラム」では、コーラス、ダンス、ビジュアルアート、海洋学、航空学、マルチメディア、写真など、少し変わった科目を学ぶことも可能です。学校長は「伝統を重んじることと、進歩的であることを大切にする」を目指しているとの事。

この時、日本人学生の女の子とお会いできたので、学校の率直な感想を伺ってみました。

■ Akaneさん ■(写真右)
留学して2ヵ月半。英語が上手く話せず苦しんでいる様子。日本でもっとしっかり英語を勉強してくれば良かった…と話してくれましたが、大勢の前でしっかりと英語で自己紹介していました!学校は立地もすごく良く、生徒も皆フレンドリーで気に入っているとの事です。

Smithfield State High School

クイーンズランド州公立高校(ケアンズ)  クイーンズランド州公立高校(ケアンズ)  クイーンズランド州公立高校(ケアンズ) 

ケアンズシティからバスで30分。自然豊かなエリアにキャンパスを構えるスミスフィールド州立高校は、「スポーツ」が得意な学生さんに向いています。

サッカーや野球、アウトドア以外にも、オーストラリアならではの『スキューバダイビング』を習得できる特別プログラムが用意されています。勉強にスポーツに、ひとりひとりが最大限の努力を発揮できる教育を心掛けているそうです。

設立されたのは1983年と、ケアンズでは一番新しい学校です。学生数は950人と中級サイズ。留学生も25人(日本人2人)とこれまた少なめでした。学校の近くにはショッピングモールがあるので、放課後の寄り道にも不自由することはありません。

Trinity Bay State High School

クイーンズランド州公立高校(ケアンズ)  クイーンズランド州公立高校(ケアンズ)  クイーンズランド州公立高校(ケアンズ) 

市内から車で5分。トリニティーベイ州立高校は、「科学」「演劇」「日本語教育」に定評のあるスクールです。校内の一画には、本物のプラネタリウムまでありました!

総学生数1,000人を超える大規模校ですが、留学生の数は17人と少なめ。日本人学生もわずか2人しかいません。そのおかげか、スタッフによる留学生へのケアは隅々まで行き届いている印象を受けました。留学中の「サポート」を重視される方に、自信を持っておすすめできる学校です。

新入生は、入学前から履修する授業を決める事ができるので、日本にいる間から入念な準備をすることができます。選択授業も広い範囲から受講可能。日本の高校2・3年生に当る11・12年生は50以上、10年生(高校1年生に該当)は35以上の科目から選択することができ、自分の興味ある事や得意分野を効率よく学べそうです。

【番外編】おすすめ観光スポット

クイーンズランド州公立高校(ケアンズ)  クイーンズランド州公立高校(ケアンズ)  クイーンズランド州公立高校(ケアンズ) 

ケアンズと言えば、やはり海!グレートバリアリーフ!
ということで、サンゴ礁に浮かぶ島「グリーン島」へ行ってきました。
カフェでランチ後、リーフマジックという船に乗り、45分。・・・本当であればシュノーケリングが楽しめるのですが、水着を忘れるというハプニング・・・。結局、船底からサンゴを覗けるグラスボートとセミサブマリン(こちらも海中で泳ぐ魚を観察できる船)を体験してきました。

透明度の高い水中に光の反射、たくさんのカラフルな魚にサンゴ礁、とてもきれいで幻想的で夢心地気分を満喫。自然の持つ癒しの力ってすごいなぁと改めて感じました。こんな素晴らしい大自然の近くで高校時代を過ごせるのは、とても幸せなことですね。

視察したカウンセラーのつぶやき

クイーンズランド州公立高校(ケアンズ)  クイーンズランド州公立高校(ケアンズ)  クイーンズランド州公立高校(ケアンズ) 

ケアンズは、「留学するなら田舎がいい!」というご希望の生徒さんにおすすめです。
街自体大きすぎず、のんびりとした雰囲気で治安もGOOD。グレートバリアリーフや熱帯林など、多くの世界遺産に囲まれて過ごす高校生活は、なかなか体験できるものではありません。ダイビングやシュノーケリング等のマリンアクティビティーが楽しめるのも魅力の一つです。


もっと写真が見たい方はこちら

  • クイーンズランド州公立高校(ケアンズ) 

ページトップへ

  • クイーンズランド州公立高校(ケアンズ) 

ページトップへ

  • クイーンズランド州公立高校(ケアンズ) 

ページトップへ