海外スクール現地視察レポート | 留学を本気で考える!留学情報ならウインテック留学センター

Top>海外スクール現地視察レポート>Eurocentres, イギリス各キャンパス

Eurocentres, イギリス各キャンパス

Eurocentres, イギリス各キャンパス

イギリスにあるユーロセンターは全部で5校。視察時、ちょうどロンドン・エルサム校が工事中だったこともあって、今回は4校を訪問してきました。

ヨーロッパ最大の国際都市であるロンドンをはじめ、学問と歴史の街ケンブリッジ、英国屈指のビーチリゾート・ボーンマス、観光&ショッピングに最適なブライトンと、いずれも甲乙つけがたい好ロケーション。ここでは簡単に各校のポイントをご紹介したいと思います。

お問い合わせはこちら

London Central(ロンドン・セントラル)校

Eurocentres, イギリス各キャンパス Eurocentres, イギリス各キャンパス Eurocentres, イギリス各キャンパス

ユーロセンターのどのキャンパスよりも、国籍比率のバランスがいいロンドン校。日本人は比較的少なく、ヨーロッパや中南米出身の学生さんが目立ちました。生徒の年齢層は若干高めで社会人の方が多い点も大きな特徴です。

英語レベルは細かく10段階に分かれています。レベル4に達したら「ビジネス英語」を、レベル5からは「IELTS試験対策コース」を受講することが可能になるそう。
※初心者向けの英語コースは開講していませんので、ご注意ください。
そして実はここ、IELTSの公式テストセンターも兼ねており、本試験が月1回のペースで実施されています。ふだん通い慣れている学校で試験本番に臨めるとあって、生徒さんの精神的な負担もかなり軽減されるでしょう。

今年から新たに「英語+アート」コースが始まりました。昼間はロンドン校で英語学習、夜にはロンドン芸術大学のひとつ、セント・マーティンズ・カレッジでお好きなアートコースに参加します。絵画や写真、ジュエリーなど、初心者向けのクラスも用意されていますから、興味のある方はお気軽にご相談くださいね。

ちなみにこのロンドン校、私が帰国した直後にリニューアル工事をしたとの事。視察当時にはなかった「カフェテリア」が作られ、生徒たちは温かいランチを食べる事ができるようになったそうです。内装もピカピカで、留学するなら早めにいかれる方が絶対おトク!ロンドン校は勉強だけでなく、街での刺激も思う存分満喫したい方におすすめします。

>>>>>さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(2012年の視察レポートへ)

Cambridge(ケンブリッジ)校

Eurocentres, イギリス各キャンパス Eurocentres, イギリス各キャンパス Eurocentres, イギリス各キャンパス

今回視察した7校中、私たちエージェントのテンションが一番上がったのがここでした。校舎は1970年代に建てられた"年季もの"ではありますが、木材とガラスの絶妙なバランスでデザインされた校内がとにかくお洒落!とても居心地が良くて毎日通うのが楽しみになりそうです。

実際に留学中の生徒さん(日本人)に「ケンブリッジ校の魅力」についてお話を伺ったところ、まず出てきたのが"校長先生"。彼女はすべての国籍の学生さんの気質を把握しているので、問題解決に長けているんだとか。どんなトラブルも校長にかかれば一発解決です。

授業は、スピーキングとペアワークが大半を占めていて、「話す力」を伸ばしたい方に最適だとおっしゃっていました。ちなみに、ケンブリッジの街には「インターナショナルカフェ」という小さな集会所があります。そこにはケンブリッジ大学や他の語学学校の生徒さんが集まって、何でも自由に語りあうんだそう。学校以外の友人を作れるチャンスなのでぜひ行ってみてください。

ケンブリッジ校は進学や就職に向けて長期間まじめに英語を学ぶ学生さんが多いのですが、イベントやアクティビティ(課外活動)もありますのでご安心ください。ロンドンへの日帰り旅行やパリ旅行、マンチェスターユナイテッドのゲーム観戦など、お手頃価格で参加できますよ。

>>>>>さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(2012年の視察レポートへ)

Brighton(ブライトン)校

Eurocentres, イギリス各キャンパス Eurocentres, イギリス各キャンパス Eurocentres, イギリス各キャンパス

海が近くて個性的なお店が並んでいるブライトンは、まるで日本の『神戸』のよう。街のサイズは大きすぎず小さすぎず程よく、ロンドンから電車で約50分というアクセスの良さも気に入りました。
ブライトン校はユーロセンターの中では小規模校。驚いたことに、私が訪問した際には日本人学生はたった3名しかいませんでした。ヨーロッパの学生には人気が高い留学先なのですが、日本人にとっては完全に穴場となっているようです。

運よくこの時、弊社のお客さまK君(写真中)とお会いできたので、ブライトン校について聞いてみました。ここの特徴は良くも悪くも「つねに英語を使わざるを得ない環境にある」こと。最初は辛くても慣れてくると英語上達の確かな手ごたえを実感できます。意志が弱くてなかなか英語の勉強に踏み切れない方には理想的かもしれません。

1クラスの平均生徒数は8-9人程度。ほぼ毎日実施されているアクティビティに参加すれば、クラスメイト以外の友達ともすぐに打ち解けられるでしょう。毎週金曜は映画鑑賞デー。この日を楽しみにみんな毎日の勉強を頑張っているそうです。
ガトウィック空港が近い為、ヨーロッパへも気軽に足を伸ばせます。週末を利用して憧れのフランス、ドイツ、スペイン、イタリアを制覇してみては?

>>>>>さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(2012年の視察レポートへ)

Bournemouth(ボーンマス)校

Eurocentres, イギリス各キャンパス Eurocentres, イギリス各キャンパス Eurocentres, イギリス各キャンパス

ロンドンから電車で2時間。ボーンマスには、「イギリスで最もきれいな海」と言われるほど有名な美しいビーチがあります。"海大好き!"という方には一押しのエリアです。
繁忙期は7-8月。通常ですと全校生徒90人ほどでのんびりしているのですが、夏になると200人の活気で一気に校内が賑わいます。この時期の生徒の年齢層は20代が大半を占めており、30歳以上の大人世代には少しきついかもしれません。

校長先生をはじめ、スクールスタッフは皆さん陽気でとてもおしゃべり。有り余るエネルギーで生徒のケアもしっかり行ってくれそうです。生徒と一緒にパブへ出かけることも多く、イベント参加にも積極的。留学中のサポートサービスを重視される方にはぴったりの環境だと思います。

キャンパスは住宅地の中にあるので、ほとんどのホームステイ先は学校から徒歩圏内。ホストファミリーも非常に面倒見のいい方が多く、同じファミリーとの滞在延長を希望する生徒さんが後を絶たないんだとか。

ちなみにボーンマスはサーフィンスクールも沢山あるそうで、シーカヤックなどアウトドアスポーツが盛んです。せっかくの機会なので、ぜひチャレンジを!

>>>>>さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(2012年の視察レポートへ)

視察したカウンセラーのつぶやき

Eurocentres, イギリス各キャンパス Eurocentres, イギリス各キャンパス Eurocentres, イギリス各キャンパス

ユーロセンターは、とにかく本気で英語を身につけたい方におすすめの学校です。今回視察した4校の生徒さんは、皆さん真剣に英語に取り組んでいらっしゃる方ばかり。『中途半端な英語力では帰国できない!』という断固たる決意を持って留学している姿に感銘を受けました。

アレンジできる留学スタイルは多岐にわたるため、ここでは私一押しの留学プランを2つご提案したいと思います。

【社会人の方が留学する場合】
社会人の方に人気があるのはロンドン・セントラル校とブライトン校。 英語を基礎からしっかり学びたいという方には、「ケンブリッジ英検対策コース」が最適です。
日本人にはあまりなじみがありませんが、「ケンブリッジ英検」は、ヨーロッパ版TOEIC®とも言うべき英語の資格。ヨーロッパ学生に大人気のコースなのです。この資格を取得すれば、帰国後の就職活動時のアピールポイントにも。毎日出される課題が多く留学中はとてもハードですが、修了時には確かな英語力と自信が手に入ります。

【大学生が1年間休学して留学する場合】
就職活動に活かしたい!社会に出る前に色んなことがしたい!そんな欲張り派の方には「オープンチョイスコース」が良いでしょう。ユーロセンターでは、6ヵ月以上の長期で留学する場合、複数のキャンパス&コースを組み合わせることが可能です。はじめは日本人が少ないブライトン校で英語漬けを体験し、慣れてきたらロンドン校で「ビジネス英語」にチャレンジ!など、英語力や好みに応じて自由に選べます。


★この視察をした位田カウンセラーに相談したい方はこちらへ★
※コメント欄に【位田カウンセラー希望】とご記入ください。



もっと写真が見たい方はこちら

  • Eurocentres, イギリス各キャンパス

ページトップへ

  • Eurocentres, イギリス各キャンパス

ページトップへ

  • Eurocentres, イギリス各キャンパス

ページトップへ