海外スクール現地視察レポート | 留学を本気で考える!留学情報ならウインテック留学センター

Top>海外スクール現地視察レポート>Griffith University (専門学校QIBTを含む)

Griffith University (専門学校QIBTを含む)

Griffith University (専門学校QIBTを含む)

1971年に創立されたグリフィス大学。ブリスベンからゴールドコーストに広がる6つのキャンパスには、総勢2万人以上の学生が在籍しています。最近では国際関係やアジア研究、ホスピタリティ、医療系といった分野に特に力を入れています。


ゴールドコースト校には付属の英語コースの他、私立の専門学校QIBTが併設されています。留学生は英語力をつけてからQIBTの各種ディプロマコースを受講し、そのままグリフィス大学の学士号過程へ編入するパターンが一般的。通常よりも短い期間で学士号を取得できるとあって好評です。

お問い合わせはこちら

キャンパスの様子

Griffith University (専門学校QIBTを含む) Griffith University (専門学校QIBTを含む) Griffith University (専門学校QIBTを含む)

広大な敷地の中に緑が点在しているグリフィス大学。キャンパスツアーで校内を一周してみましたが、端から端まで到達するのに1時間かかりました。

視察した時(2012年11月)はちょうど工事中の建物が多く、「ホスピタリティコース」専用校舎の建設が急ピッチで進められていました。(完成までに、あと2~3年はかかるよう…)キャンパス内には図書館やスポーツ施設、レストラン、売店など一通りそろっていて、普段の生活に必要なモノはすべて大学内でまかなえます。

とくにカフェは至るところにあって、コーヒーやパン、ケーキなどの軽食を欲しい時にすぐ入手できます。また、ここでアルバイトをしている学生さんも多いそう。オーストラリアでは留学生のアルバイトを推奨しており、1週間に最大で20時間までなら自由に働くことができるんです。学校からバイト先までの移動時間や交通費を節約できるし、とても効率的ですね。

大学での留学生の割合は全体の10%以上を占めるそう。歩いていると、とくに中国系の学生さんが多いように感じました。キャンパス内に中国の歴史を勉強できる施設があったり、中国のおすすめ観光スポットの掲示があったりもしたので、アジア人に対しての理解が深く生活しやすい環境だと思います。

スクールの特徴(QIBTについて)

Griffith University (専門学校QIBTを含む) Griffith University (専門学校QIBTを含む) Griffith University (専門学校QIBTを含む)

グリフィス大学への進学を目指すなら、まずはキャンパス内に併設されている専門学校QIBTからスタートするのが得策です。
QIBTのディプロマコースは、グリフィス大学の学士課程1年次の科目で構成されています。そのため修了後は、グリフィス大学の2年次にそのまま編入することができるのです。そして、グリフィス大学の1年次を履修するよりもQIBTコースの方が授業料が安い!しかも大学と同じ高い水準の教育が保障されているとあって、多くの学生さんが大学へのパスウェイとしてQIBTを活用しています。

ちなみにオーストラリアの他の大学へ進学する場合でも、1年分の単位免除を受けられるケースは多いんだそうです。

QIBTゴールドコースト校では、ビジネス・ホスピタリティ・医療系・メディア・エンジニアリング等の専門科目を受講できます。留学生に最も人気が高いのは「ビジネス」。また、医療系のディプロマコースもオーストラリア内で実施しているところが少ないので貴重です。

QIBTのほとんどの生徒は留学生。いきなりローカル学生の多い大学のクラスに飛び込むよりも同じ境遇のクラスメイトがいる環境の方が馴染みやすくハードルも低め。教室サイズは生徒と教師がコミュニケーションを取りやすいよう、10人~20人程度と小さめに設定されています。

カウンセラー一押しの留学プラン

Griffith University (専門学校QIBTを含む) Griffith University (専門学校QIBTを含む) Griffith University (専門学校QIBTを含む)

英語力に自信がない…という方は、グリフィス大学付属の英語コースから始めます。これはQIBTと同じ建物内にあって、ほとんどのクラスメイトがそのままQIBTへ入学するそう。教室内の生徒全員が「大学進学」という同じ目標を共有しているので、英語の勉強に専念しやすい環境です。

すでに日本でTOEIC®スコアを400点程度取得している方なら、英語コースの受講期間の目安は約1年間。(生徒さんの頑張りにもよります)QIBTへの入学レベルはIELTSスコア5.0-6.0と高いため、最低でもやはり半年間は英語をみっちり勉強することをおすすめします。
ただし看護や医療系の専門コースを目指す方なら、さらにハイレベルな英語力を求められます。日本にいる間から少しずつ英語力をつけておくことが大学進学への近道です。

ここ最近、注目が集まっているのが看護学部。グリフィス大学のプログラムは地元の就職先との強いコネクションがあり、クイーンズランド州の政府支援も受けています。現地での就職やオーストラリアの永住権獲得も夢ではないかも!?

滞在先

Griffith University (専門学校QIBTを含む) Griffith University (専門学校QIBTを含む) Griffith University (専門学校QIBTを含む)

ホームステイも利用できますが、ほとんどの学生は学生寮に滞在します。寮はキャンパスのすぐ隣にあって、何人かの学生(2-4人)と一緒に住むシェアアパートタイプ。室内はメゾネット式で、1階にはリビングとキッチン、2階にバスルームと各自の部屋があります。(部屋によって料金も異なります)
敷地内にはプールやバーベキュー施設まであり、学生同士の交流の場となっているそう。寮を管理するスタッフがつねに常駐していて、セキュリティ面も万全です。

また、プレステを映してゲームできるよう、プール横には巨大スクリーンが設置。夕方から夜にかけて寮生同士の「ゲーム大会」が開かれ、特にサッカーゲームは盛り上がるそうです。

※学生寮にはQIBT&付属英語コースの学生さんが滞在する事も可能です。ですが、グリフィス大学の学生さんから優先されるため、早期の予約が鉄則です。ご興味のある方はできるだけお早めにご相談ください。

視察したカウンセラーのつぶやき

Griffith University (専門学校QIBTを含む) Griffith University (専門学校QIBTを含む) Griffith University (専門学校QIBTを含む)

ゴールドコーストの「ビーチリゾート」というイメージから一転、グリフィス大学は大自然に囲まれた静かなエリアです。キャンパス内はちょうど工事中のところが多く、これからますます快適な環境になっていくんだと思います。

この大学の一番のポイントはQIBTが併設されているという点。
通常、オーストラリアの大学に進学するためにはファウンデーションコースと呼ばれる大学進学準備コースからはじめます。その後、学部課程の1年次へ進むので卒業までに4年を費やすのが基本ルール。けれどここでは、1年~1年半のディプロマコース受講後、そのまま学部課程の2年次へ編入。がんばれば3年間でオーストラリアの学士号を取得する事ができるのです。この裏技を使えば最大で1年間の時間&お金を節約できますから、このシステムを利用しない手はないでしょう!

QIBTゴールドコースト校は、2012年2月に設立されたばかり。黄緑と白を基調にした清潔感あふれるキャンパスはとても居心地がよかったです。英語コースもQIBTと同じビル内。英語から大学まで、すべて同じロケーションで済ませられる点も便利ですね。

オーストラリアで大学進学を希望される方に、おすすめしたい一校です。


★この視察をした荒井カウンセラーに相談したい方はこちらへ★
※コメント欄に【荒井カウンセラー希望】とご記入ください。



もっと写真が見たい方はこちら

  • Griffith University (専門学校QIBTを含む)

ページトップへ

  • Griffith University (専門学校QIBTを含む)

ページトップへ

  • Griffith University (専門学校QIBTを含む)

ページトップへ