海外スクール現地視察レポート | 留学を本気で考える!留学情報ならウインテック留学センター

Top>海外スクール現地視察レポート>Cambridge International College, Melbourne

Cambridge International College, Melbourne

Cambridge International College, Melbourne

2012年9月、新校舎に移転したばかりのCICメルボルン校。8階建てのビルの3-8階がキャンパスで、英語コースと各種専門コースを提供しています。

基本となる英語の授業では、日常シーンに不可欠な"使える英語"の習得を目指しているとの事。「ビジネス」「介護」をはじめとする専門コースは、各分野の専門性を高めたい学生さんやオーストラリアの永住権に興味のある方に人気があります。

お問い合わせはこちら

ロケーション(街の様子)

Cambridge International College, Melbourne Cambridge International College, Melbourne Cambridge International College, Melbourne

英国調の古い街並み、四季を彩る美しい庭園、リラックスできるおしゃれなカフェ…
シドニーに次ぐオーストラリア第2の都市・メルボルンは、留学先の人気ランキングでつねに上位に入ります。メルボルン大学やモナッシュ大学など世界的に有名な名門大学もあるため、進学を視野に入れつつ長期で留学する学生さんが多いそう。

CICメルボルン校があるのは、市民の憩いの場「ヤラ川」や観光名所「フリンダーススクエア」の近く。ジブリ映画『魔女の宅急便』にも登場したフリンダース駅(写真中央)から歩いて10分のところにあります。メルボルンの主要交通機関は、トラム・バス・電車の3パターン。日本と同じようにチャージするタイプの交通パスがあり、区間内であれば自由に乗り継ぎ可能です。

メルボルンの街自体は、日本でいう「京都」のよう。街の構造が碁盤の目状になっていて、東西南北さえ把握しておけば道に迷う事はありません。また、市内の主要な駅には赤いベストを着たボランティアガイドさんが常駐。無料の地図をくれたり、おススメの散歩コースを教えてくれたり、行きたい所への道案内をしてくれます。メルボルンに到着して市内散策をする際は、ぜひ会いに行ってみてください。

ダウンタウンには近代的なビルが建ち並び、ショッピングやグルメを楽しみたい方にはもってこい。視察した12月は「夏」のはずだったんですが、意外とまだまだ肌寒く、現地で上着を一枚調達しました。メルボルンの気温の落差は「1日で四季を味わえる」と言われるほど。夏でも油断せず、羽織れるものを必ず持っていきましょう。

スクールの特徴

Cambridge International College, Melbourne Cambridge International College, Melbourne Cambridge International College, Melbourne

総学生数400名。オーストラリアにある3つのCICキャンパスのうち、最も大きいのがここ「メルボルン校」。英語と専門コースからなる各種プログラムには、世界40か国以上の留学生が参加しています。キャンパス内でもっとも多い国籍は韓国。次に日本、サウジアラビア、ヨーロッパ諸国と続きます。街中を歩いていても韓国人学生がとくに目立っていたので、メルボルンは韓国でも人気が高いようですね。

今回の視察では、私も新入生向け「オリエンテーション」に飛び入り参加。学校初日に生徒さんがどのように過ごすのか実際に体験してきました。まずは学校生活のアナウンス。校内には日本語が話せるスタッフがいるので、英語がわからない生徒さんのために通訳をしてくれます。そしてクラス分けのための英語テストを受けたら、その後メルボルンのシティツアーへ。学校周辺の定番スポット(図書館・フリンダース駅・スタッフ一押しのコーヒーショップ等)を案内してくれました。この時、通学時に必要なMilky Card(日本でいう"Suica"や"Icoca")の買い方・使い方も教えてくれます。

CICの英語コースで注目すべきは「フリークラス」。通常のグループレッスンを受けるのとは別に、週4回無料のレッスン(文法・発音・ボキャブラリーから選択)を受けることができるんです。そして教師のレベルが高い!CICのスタッフに聞いたところ「資格の有無と海外で教えた経験を考慮して採用を決めている」とのこと。‘教師=学校の顔’という基本ポリシーの元、授業のクオリティの高さには絶対の自信を持っています。

アクティビティ(課外活動)

Cambridge International College, Melbourne Cambridge International College, Melbourne Cambridge International College, Melbourne

ほぼ毎日行われるスクール・アクティビティは、インドア系(映画、卓球など)とアウトドア系(観光、旅行など)の2種類に分けられます。

人気があるのは、メルボルン大学の学生さんも参加する「カンバセーションクラブ」。毎回違ったトピックについて、ネイティブスピーカーと会話を楽しみます。留学生ではないローカルの学生たちと交流できる貴重なチャンスなので、積極的に参加してみましょう。

また、ワーキングホリデーの方に好評なのが「ジョブ・クラブ」。求職時に必要となる「履歴書」の書き方やオーストラリアでの仕事の探し方、面接時のコツなどを細かく指導してくれます。
オンシーズン(7-8月頃)になると、キャンセル待ちが出るアクティビティもあるそうなので、ご予約はお早めに☆

カウンセラー一押しの留学プラン

Cambridge International College, Melbourne Cambridge International College, Melbourne Cambridge International College, Melbourne

たくさん種類があるCICのプログラムの中で、私が断然おすすめしたいのがこちら。

English for Tourism & Hospitality (接客業に役立つ英語コース)

カフェやレストラン、ホテルなどで働くための専門知識とコミュニケーションスキルをわずか5週間で身に付けられます。

視察中、実際のクラスに参加させてもらいました。このコースでは1週間ごとに異なるテーマが設定されているのですが、ちょうどこの時は「トラベル・エージェント(旅行代理店)」の週。生徒さんが教わっていたレッスン内容を少し紹介しますと・・・

・Work on worldwide itinerary (旅程表の作成)
・Book flights on CRS(Computer Reservation System) (航空券の予約)
・Ticketing (発券業務)
・Handle client queries (顧客対応)
・Book holidays for clients (顧客へのツアー提案)
・Process payment (支払手続き)
と、「旅行業」に興味ある方にとって、どれも気になる授業のラインナップ。

ここではお客様が旅行に出かける際、必要となる手続きや対応の仕方を学びます。飛行機を予約する際、直行便が良いか・経由便が良いか等をはじめ、相手の希望を引き出しきちんと理解するスキルをロールプレイング形式で鍛えます。

週末には、その週習った授業の総仕上げとして地元の旅行会社へフィールドトリップ。リアルな仕事の様子を見学させてもらったりスタッフに直接話を聞いたりできるそうです。

ちなみに、このETHコースにはウェイタートレーニングやコーヒーメイキングなどの実技も組み込まれていて、卒業時はコース修了証のほかに4つの資格を取得できます。(但し、試験に合格する必要アリ。) とくにRSA(アルコール取扱資格)を持っていると、バーやレストランでの仕事がみつかりやすいので、ワーキングホリデーの方なら持っておいた方が便利かも。

視察したカウンセラーのつぶやき

Cambridge International College, Melbourne Cambridge International College, Melbourne Cambridge International College, Melbourne

メルボルンを訪れたのは、実は今回がはじめて。『カフェ』の街として有名ですが、街には本当にカフェが多く、朝から晩まで多くのオージー(オーストラリア人)がコーヒーを楽しんでいました。細い路地裏には個性的なお店が並んでいて、カフェ巡りがお好きな方にとってパラダイスと言っても過言ではありません。

1週間CICの生徒として過ごしてみて、改めてここは「語学学校」というより「専門学校」色が強いスクールだと感じました。目標に達するまで長期にわたってじっくり勉強する方、英語を学んでさらに上のレベルのコースに挑戦する方、など頑張り屋の生徒さんが多いんです。また、通常の語学スクールにはないEnglish for Tourism & Hospitalityやディプロマコースが豊富にあって、「留学を通して成長したい」「仕事に活かせる資格を取りたい」という学習意欲の高い方に向いています。

なお、滞在するならホームステイもいいですが「学生寮」もおすすめ。今年(2012年)できたばかりの寮でキッチンやバスルームがきれい&通学時間はたったの30分。CIC以外のスクールの学生さんも滞在しており、友達の輪が広がりやすい環境にあります。そして、一番安心なのは寮長さんが日本人という点。メルボルンに到着したその日に、寮内やバス乗り場を丁寧に案内してくれますし、困った事があればいつでも日本語で対応してもらえますよ。


★この視察をした松岡カウンセラーに相談したい方はこちらへ★
※コメント欄に【松岡カウンセラー希望】とご記入ください。



もっと写真が見たい方はこちら

  • Cambridge International College, Melbourne

ページトップへ

  • Cambridge International College, Melbourne

ページトップへ

  • Cambridge International College, Melbourne

ページトップへ