海外スクール現地視察レポート | 留学を本気で考える!留学情報ならウインテック留学センター

Top>海外スクール現地視察レポート>Eurocentres, London Central

Eurocentres, London Central

Eurocentres, London Central

ユーロセンターの""とも言うべき「ロンドンセントラル校」は、ヴィクトリア駅からほど近いガーデンスクエアに面しています。19世紀に建てられた広々とした校舎は、清潔感あふれる白に統一。キャンパスの内装も定期的にリニューアルされ、数あるユーロセンターの中で女性からの支持が圧倒的に高いキャンパスです。

お菓子や軽食を販売しているスナックバーやWi-Fiを利用できるラーニングセンターがあるなど、学内施設も充実。

お問い合わせはこちら

ロケーション(街の様子)

Eurocentres, London Central Eurocentres, London Central Eurocentres, London Central

ロンドンは、ヨーロッパ最大の国際都市だけあって、どこもかしこも人が多く活気に満ちていました。学校帰りに街歩きを楽しみたい、週末には色んな体験をしてみたい、という方なら断然ロンドンがおすすめです。

・おなじみのバッキンガム宮殿やウエストミンスター寺院等の王室スポット巡り、、、
・本場のアフタヌーンティーをいただいて、優雅なひと時を過ごす、、、
・老舗デパート「ハロッズ」でショッピング三昧、、、
・ミュージカル「ライオンキング」を鑑賞して、生の迫力に酔いしれる、、、
などなど。
留学中の楽しみは無限にあるので、刺激あふれる毎日を送れること間違いなし。

今年(2012年)は、6月にエリザベス女王即位60周年記念行事、8月には夏季オリンピック開催など、ビッグイベントが目白押し。歴史的瞬間を一目見ようと、この時期たくさんの方がロンドンに集まってきそうです。

ちなみにこの視察中、コベントガーデンやレスタースクエアなどの中心部は、オリンピックに向けてかなり大掛かりな工事が行われていました。これから留学される方は、ますます便利で快適な街で留学生活を送れると思います。

学校があるのは観光エリアから少し離れた高級住宅街。校舎の目の前には美しいプライベートガーデンがあり、都心とは思えないほど静かな環境で学びます。天気のいい日はクラス皆で庭園へ移動して、"屋外教室"を行う事もあるんだとか。花と緑に癒されながら、勉強もはかどりそう。

スクールの特徴

Eurocentres, London Central Eurocentres, London Central Eurocentres, London Central

このスクールのキャンパスは、ユーロセンターの本部も兼ねており、唯一ここだけ日本人スタッフが常駐しています。何かトラブルが生じた場合でも、日本語のサポートを受けられるので安心です。

生徒の国籍は20か国以上に及ぶことも多いそうで、とくに夏はヨーロッパや南米を中心にたくさんの留学生が世界中から集まります。ロンドンにある語学スクールの中では、比較的日本人学生の割合は少なめ。「できるだけ日本人とつるみたくない!」という方にとって理想的な学校と言えるでしょう。

また、ロンドンセントラル校は、ユーロセンターの他キャンパスと比べて社会人の比率が高め。生徒の平均年齢は25歳くらいです。せっかくだから、「ビジネス英語コース」にチャレンジして、ワンランク上の英語力を目指しませんか?

ちなみに、「学費を少しでも削りたい!」という節約志向の方は、午後2:00に授業が開始されるアフタヌーンクラスが狙い目。通常クラスの半額近い料金で、同じクオリティの授業が受けられるとあって好評です。1クラスの人数も少ないそうなので、集中して英語学習に取り組めますよ。

アクティビティ(課外活動)

Eurocentres, London Central Eurocentres, London Central Eurocentres, London Central

放課後は生徒が自由に参加できる、スクール・アクティビティが毎日開催されます。

イギリス生活にまだ慣れていない新入生には、「ロンドンウォーキング」や「テムズ川クルーズ」といった半日ツアーが人気。クラスメイト以外の友達と新たに知り合えるし、ロンドン市内の情報や観光スポットを把握できるとあって一石二鳥。ぜひ参加してみてください。

この他、ミュージカル鑑賞、パブナイト(=みんなでパブに飲みに行く)、アイススケート(冬季のみ)、美術館めぐりなども定期的に実施されているので、学校で習った英語を実際に街に出て使ってみましょう。

週末の旅行(主にブライトンやオックスフォード、ウェールズ)には、ユーロセンター以外のスクールの生徒が参加することも。出会いの輪がどんどん広がります。

滞在先

Eurocentres, London Central Eurocentres, London Central Eurocentres, London Central

ホームステイから学校までの通学時間は、バスや電車を使って平均30~45分。

個人的には、ホームステイよりも「学生寮」の方がいいと思いました。現在、ロンドンセントラル校の学生寮は4か所。(中心部の"ゾーン1"から離れるほど、家賃はどんどん安くなります。)寮と言っても、ユーロセンターの生徒以外の学生さんが利用しているケースもあって、いろんな人と交流を深められそうです。

今回視察で訪れたのは、"ゾーン2"にある『リバティーフィールド』という学生寮。スクールからは地下鉄で30分。シングルルームにキッチン+ユニットバスまでついて、想像していたよりはるかにきれいな生活空間でした。ちなみに学校近くにできたばかりの最新寮『ニド レジデンス』はブラジル人学生に人気が高いそう。ブラジリアンの友達を作りたい方は、迷わずこちらへ。

視察したカウンセラーのつぶやき

Eurocentres, London Central Eurocentres, London Central Eurocentres, London Central

ロンドンセントラル校を一言で表すと、「洗練されたスクール」です。

同校とリーグリーン校の校長を兼任するスチュワート(写真右)をはじめ、教師やスタッフはプロ意識が高く、つねに生徒の事を第一に考えて行動します。一方の生徒側も、遊び半分で留学している人は少なく、進学や就職に向けて真剣に英語に取り組む姿が目立ちました。上質の教育と最先端の学習設備がそろっているこの学校なら、満足度の高い留学を実現できると確信しています。

今回の視察で一番印象に残ったのが、最新技術を駆使して開発されたホワイトボード「インタラクティブホワイトボード」。ボードがプロジェクター&パソコン&スピーカーと連動しており、スマートフォンのようにタッチパネルで操作できます。従来のホワイトボードだけでは説明が難しかった感情やリズムなども、・・・YouTubeやライブ映像を用いて解説してもらえるのでスムーズに理解できました。




インタラクティブボードを使った英語授業を受けられるのは、現時点でココとブライトン校のみ。ロンドンの生活を満喫しながら英語をしっかり伸ばしたい方、ぜひご一考を!

もっと写真が見たい方はこちら

押さえておきたいポイント!

●ユーロセンターのメインキャンパス。最先端の学習施設や教材が完備
●ロンドンの静かな高級住宅街に立地。観光地へのアクセスも抜群
●短期間でプレゼンスキルが磨ける、社会人向けのビジネス英語コース有

お問い合わせはこちら

  • Eurocentres, London Central

ページトップへ

  • Eurocentres, London Central

ページトップへ

  • Eurocentres, London Central

ページトップへ