海外スクール現地視察レポート | 留学を本気で考える!留学情報ならウインテック留学センター

Top>海外スクール現地視察レポート>Kaplan International English, Seattle

Kaplan International English, Seattle

Kaplan International English, Seattle

芸術とカフェの街・シアトルは、都会と自然が見事に調和している人気都市。カプランのキャンパスは、名門ワシントン大学からわずか1ブロックほど離れた学生街にあります。ダウンタウンから少し距離のある静かなエリアだから、進学準備のため長期で英語を学ぶ学生さんがほとんどです。また、MBAを目指す社会人の方も多く通うなど、今回視察したカプランの中で、最も"大人向け"のスクールと言えると思います。


※2014年11月に新キャンパスへ移転しました。

お問い合わせはこちら

ロケーション(街の様子)

Kaplan International English, Seattle Kaplan International English, Seattle Kaplan International English, Seattle

「スターバックス」「アマゾン」「マイクロソフト」など、世界的に有名な大企業が生まれた街・シアトル。街自体そんなに大きくないため、はっきり言って観光スポットは少ないです。。。。けれど、温暖な気候と治安の良さ、豊かな自然、きれいな空気、フレンドリーな住民、という生活環境の素晴らしさが、留学生のハートを射止めています。人気のワシントン大学をはじめ、コミュニティカレッジもたくさんあって、進学を目指す方にぴったりの留学先と言えるでしょう。

シアトルといえば、"雨の街"というイメージが強いかもしれません。たしかに雨季(11-3月)の間は、曇りの日が続き雨も多くなります。お天気にこだわるのであれば、乾季にあたる夏がベストシーズンです。
とはいえ、この"雨"をうまく活用して発達したのが「カフェ文化」なんです。シアトルはアメリカで最もカフェの数が多い街。雨が降るとみんなどこにも出かけられないため、代わりにカフェに通いだしたのが起源なんだとか…(スタッフ談)同じような発想で、屋内で楽しめるアートや音楽もどんどん発達していったそうです。ギターの神様、ジミ・ヘンドリックスがシアトルで生まれたのは、うっとうしい「雨季」のおかげだったかも!?

ちなみにシアトルには、日系企業が多くあり日本人コミュニティも点在しています。街中には日本食が手に入るスーパーやおいしい和食を提供するレストランがあったりして、不便を感じないそうです。日本の留学生にとっては心強いポイントですね。

スクールの特徴

Kaplan International English, Seattle Kaplan International English, Seattle Kaplan International English, Seattle

ダウンタウンからバスで20分。ワシントン大学の近くにあるカプランのキャンパスは2か所に分かれています。メイン(北)キャンパスから歩いて5分の南キャンパスは、主に試験対策コース向け。活気あふれる北とは対照的に、シーンと静まり返っている校内が印象的でした。

現在、シアトル校の学生数は250名ですが、夏には350名くらいまで増えるそう。とくに多い学生さんの国籍はサウジアラビア、韓国、ブラジル。一昔前は、韓国の生徒がクラスの大半をしめていたそうですが、近年は国籍バランスを重視しなるべく多国籍になるよう気を付けているんだとか。日本人の割合は、平均10%くらいです。

シアトル校のほとんどの生徒が近隣のコミカレに進学します。一般的に、日本の短大にあたるコミカレに入学するためには、高校卒業していることが必須条件なのですが、ここワシントン州に限ってはなくてもOK。何らかの事情で日本の高校を卒業できなかった方も、シアトルで再スタートを切ることができるんです。

カプランの生徒に人気があるコミカレは、カプランとも提携のある4年制大学への編入率が高いシアトルセントラル・コミュニティーカレッジ。この他、MBAを目指してビジネス英語コースを受講する社会人の学生さんも増えているそうです。

アクティビティ(課外活動)

Kaplan International English, Seattle Kaplan International English, Seattle Kaplan International English, Seattle

「勉強第一」のシアトル校ですが、もちろん息抜きはしっかり行います。バーベキューや各種パーティーをはじめ、登山、キャンプ、ピクニック、カヤッキング、スキーなどのアウトドア・アクティビティも充実。四季を通じてシアトルの美しい自然に触れることができるでしょう。

また、全校あげてのイベントも頻繁に行われています。英語のスピーチ大会や、英語劇、ディベート大会、味自慢(料理)コンテスト、フォト(写真)コンテスト、等を通じて、楽しみながら日頃の勉強の成果や得意なスキルを披露します。

なお、シアトルで絶対に外せないのが、本場のメジャーリーグ観戦。シアトル・マリナーズの本拠地「セーフコ・フィールド」でイチロー選手を目にするのは、野球ファンならずとも感動もの。球場内のショップで限定品のお土産をチェックするのもお忘れなく。

滞在先

Kaplan International English, Seattle Kaplan International English, Seattle Kaplan International English, Seattle

ホームステイとアパートの2種類から選べます。ホームステイからの通学時間は、平均45分。公共バスが頻繁に走っているシアトルだから、車を持ってない留学生でも移動はスムーズです。ほとんどのファミリーがシティの郊外に家を構えており、大自然の中でのんびりとした生活を堪能できます。

毎週水曜には、新入生向けのホームステイ・オリエンテーションを開催。ホストファミリーと生活するうえで必要な心構えや注意点を、学校スタッフが細かくレクチャーしてくれます。その後は、ホストファミリーに関するアンケートも定期的に実施。生徒からの意見を積極的に取り入れて、ホームステイの質を保つよう心掛けているそうです。

アパートはダウンタウンにあるThe Innか、学校から2ブロックの近場にあるStanford(写真左)の2つ。便利なシティライフを求める方はこちらへ。

視察したカウンセラーのつぶやき

Kaplan International English, Seattle Kaplan International English, Seattle Kaplan International English, Seattle

シアトルは、勉強するのに最適な街です。観光やショッピングスポットは適度にありますし、山や海など大自然で楽しめるアクティビティも豊富、日系コミュニティがあったりと、快適に暮らすために必要なモノがすべて揃っています。暖かいカリフォルニア州と比べて気候が涼しい点も、かえって気が引き締まって勉強に力が入るというもの。短期よりも長期にわたって留学してみると、シアトルの持つ魅力を余すことなく実感できると思います。

そして、カフェ好き、とくに"スターバックスファン"にとって、シアトルはまさにカフェ天国。スタバの第一号店は然ることながら、地元の小さいカフェでさえ独特の味があって、お気に入りのお店がいくつも見つかりそうです。

秋~冬のシアトルは雨が多いのですが、視察した日は奇跡的に快晴でした!ちょうど紅葉の真っ最中だったこともあり、赤や黄色に色づいた木の葉がスタイリッシュな街並みによく映えます。図書館をはじめモダンな建物が多くみられるシアトルなら、留学しながらアートのセンスまで身に付けられるかも。


もっと写真が見たい方はこちら

押さえておきたいポイント!

●進学派&ビジネスを学びたい社会人に最適な「勉強第一」スクール
●気候、治安、生活環境…、快適な暮らしに必要なすべての条件がそろう街
●カフェ、芸術、アウトドア、イチロー等、余暇には程よい息抜きも

お問い合わせはこちら

  • Kaplan International English, Seattle

ページトップへ

  • Kaplan International English, Seattle

ページトップへ

  • Kaplan International English, Seattle

ページトップへ